ライザップが続く仕組みをタスク管理に活かす

2016年10月4日
カテゴリ
ふくおかなみこ,日記・体験談
img_0002

最近ライザップがとても気になります。

CMをご覧になったこと、皆さんあると思います。

ライザップ前と後の変身ぶり(?)がすごいですよね。

 

私は標準体重だから、まあ関係ないけどねっと思っていたら、私と同じくらいの体重、体脂肪の方も通われている事実に愕然とし(涙)、本を購入してみました。

 

こちらのレシピの中から何品か作りました。

どれも簡単で美味しい!

糖質制限やダイエットをしていなくても、お料理好きな方にはおススメです。

 

ライザップの仕組み

*経験者ではないので、ライザップのホームページや経験者のブログを拝見し、想像で書いています。

間違いもあるかと思いますので、ご了承のうえお読みください。

 

ライザップは、パーソナルトレーナーがついて、運動管理と食事管理を行います。

 

運動は週2回ライザップの店舗に通います。

ここで、筋トレを行います。

正しいフォームを知ることができること、限界を超えて負荷をかけられることがポイントです。

どちらも一人ではなかなか難しいことです。

 

また、ライザップのもう一つのダイエットの柱は食事管理です。

糖質制限という食事方法を採用しています。

食事の約束事を守りながら、毎食の食事を写真に撮ってメールをします。

そこでアドバイスをもらいます。

おそらく、チェックされている項目は以下のようになると思います。

  • 糖質制限に沿った食べて良い食事か
  • 食事の量は適切か
  • たんぱく質の量は適切か
  • 精神的に無理になっていないか
  • 間食はしていないか

 

ライザップは、パーソナルトレーニングです。

入会してから担当の方が付き、その方に合った運動と食事の指導をマンツーマンで行います。

毎食の食事の報告というのは、なかなかのプレッシャーですね。

報告しなきゃという気持ちが食べたいという気持ちも抑えてくれそうです。

 

高額な料金もモチベーションにつながると思います。

 

タスク管理パートナーの仕組み

 

店舗に通うのは、タスク管理パートナーでの週次レビューに当たる部分です。

毎週、タスクを見直し、作り、自分の状況を把握し、次週につなげます。

この時間があるから、仕事や頭の整理ができて物事が進められる、始められる。

自分だけではできない、あるいはやめておこうと思う事も一緒にタスクを整理することで進んでいきます。

タスク管理パートナースタッフパートナーサトウさん(仮名:あなた)。来週から始めたいと言われていた運動は何をしましょうか? サトウ(仮名・お客さま)サトウ(仮)ますは、ウォーキングを1週間やります。その後様子を見ながらマラソンにも挑戦したいと思っているので、継続して確認してください。

 

食事管理は、タスク管理パートナーでの毎日の通話に当たります。

毎日、今日やるべきことを整理します。

やるべきことが決まっていることで、考える時間、思い出す時間が節約でき、どんどんタスクを達成することができます。

もちろん、毎日チェックされると気も引き締まりますね。

 

タスク管理パートナースタッフパートナーサトウさん(仮名:あなた)。昨日はウォーキングはできましたか? サトウ(仮名・お客さま)サトウ(仮)さぼりたい気持ちもあったのですが、通話があることで、やらなきゃという気持ちになりました

 

タスク管理パートナーは目的を達成するためのパーソナルパートナー

 

タスク管理パートナーは、仕事面でのパーソナルパートナーだと考えています。

トレーナーではなく、あくまでパートナーという立ち位置です。

何かを教えるというより、一緒に歩きながらこんなことをしているイメージです。

  • 歩くことのモチベーションを保つ
  • ゴールを確認する
  • 地図を渡す
  • 目的の場所を確認する
  • 水分補給のタイミングをお知らせする

 

つまり、一生懸命に物事に取り組んでいるときに見えにくい目標の存在を再確認したり、全体の様子を考慮しながら、進めたい物事を進めるための現在の最適なルートを提案します。

 

毎日の進捗をチェックし、今日の仕事を整理し、より高いパフォーマンスを発揮できるようにお手伝いします。

 

当たり前のことや、きっとやったらいいだろうなということを始めることも、続けることも自分だけでは難しいという現実があります。

そんなときは自分で全部やり切ろうと思うのではなく、他人の力を借りることも選択肢の一つとしてもっていることも大事です。

他人の力を借りることで物事が前進することも多いのです。

タスク管理パートナースタッフパートナーサトウさん(仮名:あなた)。今日から始めたいと言われていたマラソンは始められましたか? サトウ(仮名・お客さま)サトウ(仮)今日はできませんでした。でも、やっぱりやりたいと思っているので、明日も引き続き通話で確認してください。

 

 

一人ひとりに合わせた通話を行います

 

仕事のやり方は先輩や上司から教わっても、いかに効率よくやるか、モチベーションを維持して毎日過ごせるかということはなかなか教わることはありません。

本や研修で知って、自分で継続できる人は問題ないのですが、世の中そうではない人のほうが多いのではないでしょうか。

それをパーソナルパートナーとしてタスク管理パートナーがお手伝いします。

お客様には誰一人同じ状況という方はいらっしゃいません。

抱えている仕事上の問題や、得意なことも苦手なことも目標も進めたいことも、お客様の状況も全く違います。

もちろん、目標も違いますので、それぞれのお客様に合わせて目標に進むよう通話を行います。

それらをお一人おひとりの状況やその日のモチベーションも考慮しながら、その日やることを整理する毎日の通話と、1週間に一度週次レビューで全体のタスクややるべきこと、やりたいことを確認していきます。

タスク管理パートナースタッフパートナーサトウさん(仮名:あなた)。昨日は体調がよくないということでしたが、今朝はいかがですか? サトウ(仮名・お客さま)サトウ(仮)しんどい中でも最低限のことはやれました。今日はだいぶん調子もよくなったので、昨日の分までしっかり仕事をこなします。

 

共通点は3つ

 

  • 目標達成

タスク管理パートナーでは、まず目標を確認し、それらに向けて毎日進んでいくお手伝いをします。

その際には、お客様のサポートという立場からよりよくしていくために、もっとこうしてほしい、あるいは、このように変更してほしいという要望も随時受け付けています。

より効果の出る方法をご一緒に探しながらベストの方法を見つけていきます。

もちろん、ベストな方法と思っても、時間が経つと飽きてきたり、状況が変わったり、そんなときも同じやり方に固執せずに柔軟に方法は変えていきます。

こういうことができるのもマンツーマンで毎日通話しているから。

 

 

  • 接触回数が多いこと

きめ細やかな修正ができるのは毎日の通話の良い点の一つです。

締め切りの直前、試験の直前などは何とかしなければという気持ちが大きく働きます。

その状態が毎日ゆるやかに続いていくイメージです。

今日、ちょっとさぼりたいなと思っても、最低限のことをしておかないと明日の通話でいうことがなくなると緊張感をもって、通話まで過ごすことができます。

接触回数が多いことで緊張感や集中力を保つことができます。

 

  • 高額な料金

そして、タスク管理パートナーはお一人お一人に合わせた通話を行います。

そのため料金も決して安価ではありません。

ただ、金銭を払うということでモチベーションを維持できます。これだけ払っているのだから結果をだしたいという気持ちも大事です。

 

 

タスク管理パートナーは毎日の通話を行うことによって

  • 仕事の効率を上げること
  • やりたいことを継続すること
  • 資格試験勉強を進めること
  • 止めたいことを止めること
  • モチベーションを維持すること

などの習慣化にも貢献します。

ただ、習慣化することが目的ではなく、あくまで目標の達成が重要なことと考えています。

そのことを常に意識して通話を行っています。

 

サービスは1カ月からお受けしていますのでお気軽に1カ月だけでもお申し込みをお待ちしています。

 

ライザップ本の効果は?

 

タスク管理パートナーを私もやっているので、実際に本を使って痩せられるかをチャレンジしてみました。

作った料理はこちら。

レッドペーストを使ったカレー。

ごはんの代わりにサラダです。

img_20160922_203643

 

おからサラダ。

ジャガイモの代わりにおからを使っています。

20160720150052

 

ケークサレ。

小麦ではなく、おからを使っています。

 

20160722203828

 

今までのところ、3キロ減です。

目標はあと3キロ減です。

 

年齢的にも、何も考えずに食べていると太ってしまうし、痩せるのも大変。

今回できちんと痩せたら、それを維持するタスクも作って、体形を維持したいと考えています。

 

いろんなことが、やっぱり続かないな、できないな、またはもっと進めたいなと思われたら、お申し込みをご検討ください。