『TQ-心の安らぎを発見する時間管理の探求-』

2015年3月14日
カテゴリ
1c4195fe830aa790193a48cec8a1f5f7_m

『TQ(Time Quest)』は時間管理について書かれている本です。。

フランクリン プランナーの手帳

 

「No」を言うために

この本がもっとも大切にしていることは副題にもなっている「心の安らぎ」 これは、「誰もが求める最高の満足感や幸福感である」と定義しています。

「心の安らぎ」を得るためには、価値観を知ること→日々の行動に反映させていく これを目的として本書は書かれています。

では、どうやって? あなたの人生の中にも、忙しさにかまけて大切にすべきことができなかったという経験が「ああすればよかった」という後悔を生んでいる可能性があります。

自分の価値観を知り、その日にすべきことが決まっていると、「No」と言えます。

タスク管理に、時間の管理は必要なことです。

 

本書の構成

  • 第1章 「時間」を奪還する
  • 第2章 「価値観」を発見する
  • 第3章 「心の安らぎ」を体験する
  • 第4章 「安心領域」から脱出する
  • 第5章 「計画的行動」を実行する
  • 第6章 「行動と気持ち」を合致させる
  • 第7章 「現実とニーズ」を検証する
  • 第8章 「誤り」を修正する
  • 第9章 「自尊心」を確認する
  • 第10章 「奉仕の精神」を招く

 

なぜ時間管理が必要か?

そもそもなぜ、時間を管理する必要があるのでしょうか?

<多くの人の現状>

私たちの生活は「したいこと」ではなく、「しなければならないこと」「すべきことであふれている」ため、身動きが取れなくなっています。

自分でコントロールできないことがあると感じると「生産性の低下」「幸福感の欠如」「心の安らぎが失われる」こととなります。あなたは、「いつか時間があったら・・・するつもり」という言葉を口にしたことはありませんか?

「人生は時間によって成り立っている」これが真実なら人生をコントロールすることは時間をコントロールすることです。   

 

「時間がない」を言い訳にすると相手に失礼

これは、「あなたと時間を使うよりも大切な出来事があります」と言っているのと同じです。

あることに時間を使うと決めたときに、あることに時間を使わないと決めたことと同じです。

それは、テレビを観ると決めたときには、英語の勉強をしないと決めたことと同じです。

<時間泥棒のリスト>

  • 他から影響を受けるもの

・返事待ち

・不必要な会議

・過度の仕事量

・コミュニケーションの欠如

・優先順位の入れ替え

  • 自分自身から発生するもの

・やる気のなさ

・未完成の仕事の放置

・後回し

・不明確な目標

・完ぺき主義

・ついつい後回しにしてしまう

・難しい仕事(これはいくつかの小さな仕事に分ければ難しい仕事でなくなります)

 

あなたが本当に大事にしたいことは?

もともと緊急性が低いものにどのようにして緊急性を持たせたらよいのか 唯一の方法は、あなたがもっとも価値があると思う事柄を日々の行動に反映させていくシステムを作る事です。  

価値観を持っていることとそれを明確な状態にすることとは違います。

 有意義な目標は「安心領域(快楽と怠惰の習慣)」を出ることによって達成されます。

古い習慣を捨てて、新しい目標を設定する

目標を設定することは、計画的に現状と対立することです。  

私たちは、失敗するくらいなら、目標など全く持たないほうが賢いやり方だと教えられてきました。

しかし、失敗する可能性をなくすことによって、同時に成功する可能性もなくしてしまうのです。  

私たちは努力しないと自分にとって快適な生活 パターンや習慣へと次第に入り込んでしまう。

これに対して、私たちをその快適空間から出してくれるのは、価値観に基づいた目標設定から得られる力であるといいます。   コントロールできるのは、「今」という時しかありません。  

 

SMARTな目標設定

  • Specific(具体的)
  • Measurable(計測できる)
  • Action-oriented(行動を促す)
  • Realistic(現実的)
  • Timely(タイムリー)  

 

気になった言葉

以下は私が本書を読んで気になった言葉です。

  • 決意はあなたの心の内からくるものであるべきで、  人生で成功を収めるには変化が必要です。
  • 人は変化がなければ成長しません。
  • 良い判断は経験から得られ、経験は愚かな判断から生まれる。
  • 失敗するのが恐ろしいために、失敗続きの人生を送ってきた
  • 誰も他人を変えることはできない
  • その人自身が変わることを望まないかぎり変化は生じない。  

 

時間管理の大切さと必要性が書かれています。

何かひっかかった言葉や気になった言葉はありますか? もし、そうだったら そのままにせず

  1. 本を読んでみる
  2. 誰かに話してみる
  3. ネットで検索してみる

何でもいいと思います。 小さな1歩を踏み出してみてください。