現状維持と前進と後退

2017年8月22日
カテゴリ
ふくおかなみこ,日記・体験談
13cfaabbd296f40434bbe17164747044_m

現状維持を望むとき

今の状態が良いから、このままこの状態を続けよう。

現状維持を望むときの気持ちは現状に満足しているときです。現状維持したいと思うところまでの努力があったからこそこう思えるのでしょう。

では、どんな行動をすると現状維持できるのでしょう?

皆さんご存知のように、努力していたころの状態を継続することです。つまり前進です。

なぜか。

現状維持を考えた時の精神状態が「満足している状態」にあることが後退につながると考えています。

自分に厳しく、という方は本当にごく一部の方だと思っています。

なので、一般的に「満足」な状況に置かれると人は努力をしなくなります。徐々に自分に甘くなっていくうちに現状維持と思ってしていた行動ができなくなっていたり、負荷が低くなっていたり。

気持ちと行動はつながっています。

「現状維持」と考えた時にすでに後退が始まっていますので、もう一度気を引き締めて引き続き前進を続ける必要があります。

 

前進しているとき

すごく頑張っているときです。

気持ち的にも行動的にも。

この時期はいかに継続していくかを工夫していく時期です。気持ちだけでも動けない、行動だけではロスが多い。

考えて、計画してしっかりと行動する時期です。

継続にはいろんな工夫も必要ですね。

 

後退しているとき

説明するまでもないことですね。

人間は状況に流される生き物です。

そして、満足、慢心しているときには後退していることも考えなくてはいけません。

また、周囲の人にも影響を受けてしまいます。自分が置かれている状況を改めて客観的に眺めてみることもいいのかもしれません。

気が付かないうちに後退しているという場合がほとんどです。数字で測れる基準を持ち、定期的に確認することで後退を止めることができます。

 

タスク管理パートナーの役割

前進と、現状維持をお手伝いしています。

いかに進めるか、そして進んだことを後退させないかということで毎日の通話と週次レビューでお手伝いしています。

現状維持というとあまり良いように聞こえませんが、現状維持をするためには前進し続けなければいけないと考えていますので、とても大変なことです。

その大変なことを習慣にすることで当たり前のことにしたり、時には工夫を加えたり、視点を変えたりしながら続ける、そういったことをお手伝いしています。

 

このブログを書くきっかけになった出来事

今回、このブログを書くときに私が体験したことです。

そこで、改めてやっぱり現状維持って大変なことと意識したのです。

 

ダイエットに成功したという話は以前にも書きましたが、理想体重になって、これでいいじゃないかと満足していました。

タスク管理をする前と後では変化があるの?

あともう少し(-2キロ)と思っていましたが、なかなか数字が動きません。

どこかで満足していたからいろんなことがゆるくなっていました。さらに夜の会食が続いたらあっという間に2キロ近く太っていました(”◇”)ゞ

満足していたら、あっという間に後退です。

これはいけないと気持ちを引き締めた次第です。これから、前進してまずは体重を戻してからさらに努力です。

 

非常に分かりやすい、現状維持の例だと感じ、ブログにしました。

逆に頑張った体重を維持できているということは前進し続けているということだと思っていいのです。

一瞬の油断で1年の努力を無駄にするところでした(大げさでなく)。〇十年と身体に馴染んでいた脂肪です。すぐに戻る可能性もまだまだあり得ます。

改めて維持期だなどと思わず、減量期だと意識しなければと思った次第です。

 

分かりやすく体重の話でしたが、仕事でも、勉強でも、楽器の練習でも何でも同じことだと思っています。もしかしたらと思われたら客観的に確認してみてくださいね。

計測できる目標を持っておくことは一つの基準になりますね。