1日目-どんな些細なこともタスク化することで自分の仕事が俯瞰できる-

2015年1月15日
カテゴリ
ふくおかなみこ
ff0082e92bb79d735732d50395c2b3bb_m

始めてのタスク管理。でも、私はできているからタスク管理なんて不要と思っていました

このサービスを提供することになるまで、タスク管理、To do管理はしたことがありませんでした。
ただ、毎週末に一つだけやることを決めて実行していました。
「72時間ルール」というものを提唱されたこちらの本を参考に、72時間(金、土、日)でできること(あるいは止めたいこと)を設定し、実行していました。

週末にたった一つなので、決めて宣言することで実行はできていたのですが、そのたった一つがなかなか思いつかなかったのです。
やることが出てこない=やることがない =私はできている と思っていました。
なので、今さらタスク管理と言われても、私はいつもちゃんとできているから、タスクなんて出てこないと思っていました。  

できていると思っていると成長できない典型のような人間で書いていてなかなか恥ずかしいのですが、スタート地点を書いておくことでどう変化があったかを見ていただきやすくするために書いておきます。

始めてのタスク管理で、現実を知る

  1.  まずは、目標設定 (目標をもう一度見直し設定)
  2. 次に、その目標を達成するためのタスクの作成

    <仕事のこと>
    仕事の関係のことは、あげられるだけあげる (本当に些細なことや、思いついたことなど) 
    資料作成や連絡事項、気になっていることや相談したいことなど

    <プライベートのこと>
    家庭や冠婚葬祭のことから、掃除やクリーニング、買い物リストの作成など全部

    <アイデアや思いついたこと>
    仕事でもプライベートでも良いアイデアが閃いた、ふと思いついたことなどを書きました

    そうすると、たくさん出てきました・・・。
    私にはタスクはないと本気で思っていたので本当に驚きました。
    数にして、100個ほど(出せる方はもっと出せます)。

  • どんな些細なことでも全部出すように言われたこと
  • パートナーにアドバイスをもらったこと

結果がこのタスクの数だったのです。

目標を達成するためにタスク管理を行うことのメリットがようやく分かった

目標の確認ができたこと。
目標に向かって具体的に何をすれば良いかが整理できたこと。

全部ではなくてもそのときに思い出せる限りタスクを出したことで気分もスッキリしました。

なにより「そういえばこれも気になっていた」というようなことをきちんと目に見える状態にできたことが良かったのです。

「そういえば・・・」という認識だとまた忘れてしまうので、またいつか思い出さなければいけないというループから抜けたことになります。

書き出すということは忘れてもいいということです。

忘れてもいいという状態は非常に楽です。

タスク管理は自分で「思い出す」というストレスをなくしてあげられる仕組みでもあります。

頭だけで管理していると、思い出す時間ももったいないし、思い出せないことにイライラしたりすることもあります。

また、頭で考えていたことを書き出そうとすると意外に考えがまとまっていなかったことに気が付くことがあるかもしれません。

それほど曖昧な部分もあるので、書き出すことによって考えやアイデアをしっかりと形にすることもできます。

なるほど、タスク管理は良いものだと気が付きました。

こんな私のタスク管理体験日記です。
この日記が、タスク管理って何?という方はもちろん、現在タスク管理をされている方の参考になれば嬉しく思います。