2日目-やる気がない日は、簡単なタスクから取り組んでみる-

2015年1月14日
カテゴリ
ふくおかなみこ
77d32c0a7334b73c520455e6cb5685f0_m

 信じられないくらいスッキリする、絶好調の滑り出し

始めてのタスク管理。
始めてチャレンジすることはドキドキして楽しいものです。
そして、最初の数日はどんどんタスクが達成できて、すごい!私ってこんなに仕事ができるんだ!という嬉しい達成感とスッキリ感があります。

でも、これは最初だけ・・・、残念ながら、長くは続きません。
*しかし、この集中力や仕事をこなした感覚は覚えておくのがお勧めです。自分が良い状態で発揮できる力はこんなにあるんだと認識できます。

簡単なタスクから取り掛かかることで、行動しやすくなります

そんな2,3日の絶好調期間を超えると・・・

  • ちょっと眠いな~
  • ちょっとサボりたいな~
  • ちょっと調子が悪い
  • 見たくないタスクが残っている
  • 大変そうなタスクに取りかかる気がしない

という気持ちがもこもこと出てきました。
さて、どうしようかなと思ったときにパートナーに相談してみると

  • 簡単なタスク
  • 取り掛かりやすいタスク
  • 自分が好きな分野のタスク

などからやるといいよというアドバイスが。

なるほど! ということで、簡単なタスクから取り掛かることにしました。

この日の場合、「連絡を取る」からです。

タスクをこなすと、”できた”というチェックを入れます。
一つチェックがつくと、「次は何しよう?」と自然にタスク遂行モードになりました。

小さなことを積み重ねていくことで、大変なタスクにもチャレンジしようという気分になってきます。

不思議なものですが、一つ始めると、次に、次にとできて、この日設定していたタスクは全部終了することができました。

普段なら、「もういいか」とだらけてしまうところをタスクがあり、人がチェックしてくれると、これもやっておかなければと思うものだと実感した1日でした。  
もういいか、と放り出さずに済んだのは、次にやるべきことがわかっていたからです。
タスクを作るということは、考えずにすぐに行動に移せること。

とりあえず、手を付けることでやる気を出していく

やる気が出てから行動するのではなく、行動するからやる気がでる

というようなことを聞かれたことがある方も多いと思います。

  • どんなタスクでもいいのでまずは取りかかる
  • タスクを先送りしたくなったら、そのタスクを5分だけ実行してみる
  • タスクに取り掛からないことで最悪の事態を想像し、取り組むように精神的に追い詰める

取り掛かると、必ずその仕事は完了します。

誰しもやる気が出ない、体調不良な日はあります。

そんなときは、やる気がない時でもできるタスクを準備しておくという方法もありますよ。