15日目-できないタスクはどうしますか?まず、取りかかる-

2015年1月1日
カテゴリ
ふくおかなみこ
8815eb8e6dc4818f2961e251b1bdb1a6_m

 できないタスクはとりあえず、取りかかる

以前に書いたときには、簡単なタスクから取り掛かるといいと書きました。

それでもタスクに取り掛かれないときは?

とりあえず、取り掛かりやすいタスクに1分でもいいので取り掛かります。

 

タスクに取り掛かれないと言っているのに、タスクに取り掛かりましょう、というのも答えになっていないようですが・・・

細かく行動ベースに落としたタスクなら、何か一つはできることがあります。

次の行動は考えなくていいので、とりあえず一つタスクを達成してみましょう。

「ブログを書く」というタスクになかなか取り掛かれな場合は

  • ブログのネタを考える
  • 参考資料やサイトを探す
  • 1行だけ書く
  • ブログを開く
  • パソコンの前に座る

という形でどんどん小さな一歩にしていきます。出来るまで細かくしていきます。

 

いつまでも残っている取り掛かりにくいタスクは毎日最優先で1分だけでもとりかかる。

それを数日繰り返していると何となく、もう少し取り組もうという気持ちが生まれてきます。

また、とりあえず取り掛かってみると意外に沢山進んでいることに気が付ける方もいるでしょう。

 

集中を必要とするタスクとそうでないタスクを作っておく

考える(集中が必要な)タスクと手を動かすことで進んでいくタスク(集中力はそんなに必要としない)はどんな仕事にもありますよね。
タスクも状況に合わせて作ったり、仕分けているといろんな状況で役立ちます。

  1. やる気がなかなか起きないときは手を動かすタスクをこなしていく
  2. 集中力が必要なタスクの合間に手を動かすタスクをを行い、脳の休憩時間をとる
  3. 早めに仕事が終わった際にまず、手を動かすタスクを片付ける

など、いろいろな利用方法があります。 余裕のある方は、タスクをこのように整理することもお薦めしています。  

 

行動することでやる気になる

「楽しいから笑うのではなくて、笑うから楽しいんだ」

ということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

同じように、やる気があるから行動するのではなく、行動するからやる気になるということです。

このときには、あれもこれもと考えずに、とりあえず一つのタスクにチェックをつけるだけと考えてやってみてください。後にやるべき作業も一切考えずにタスクに書いてあることだけ行動することでOKとしましょう。

逆に、15分だけ集中して取り掛かる、5個だけとりあえず終わらせるなどゲーム感覚で取り組むのも気分が変るのでお薦めできます。

 

また、自分を追い込むために、これから1ヶ月留守にするとしたら?

仕事を明日見知らぬ誰かに引き継ぐとしたら?

ということを考えて、取り掛かるモチベーションにするのもお薦めです。