お客さま事例のご紹介です。

減量を目標に半年で17kgの目標を達成されました!

 

タスク管理パートナーでは、お仕事のタスク以外にも減量ややりたいことの達成のお手伝いをしています。

減量の方法はお客様に決めていただきます。
タスク管理パートナーは身体の専門家ではないのでその点のアドバイスは個人の経験を元にさせていただくことはあっても、決定されるのはお客様ご自身になります。

今回もお客様の決められた方法で取り組んでいただきました。

もちろん、途中で方法を変えてみることもあります。

タスク管理パートナーはやると決めていただいたことを継続するためのお手伝いをします。

どんな立派な目標も完璧な計画も、実行しなければ意味がありません。

そして、たいてい目標達成まではその行動を継続し続けなければいけません。

それらをサポートするのがパートナーの役割です。

人のやる気やモチベーションは気分や状況によって簡単に左右されます。そのようなことに左右されない仕組みを提供しています。

 

半年で17kgの減量という目標

さて、最初に半年で17Kg減量と聞いたときはなかなか難しい目標ではないかと思ったのです。

単準に割り算をすると1カ月に3kgと無理のないようにも思いますが、そんなに順調に体重は減るものではないことは身をもって体験しています。

ただ、目標は目標です。

達成していただくために、最初のやる気を行動に移し、さらに継続していただくことを考慮して進めていきました。

 

減量方法

食事制限です。

もともと過体重気味であったお客様ですが、お話を聞いてみるとやはり食べ過ぎ、飲み過ぎが大きな要因の一つでした。

特に夜に会食などの多い関係で徐々に体重が増えていったということです。

運動もお勧めしたいところではありましたが、運動をすることで身体(腰やひざ)に負担がかかることも考慮し、まずは食事制限です。

ご自宅での食事は調整しやすいですが、外食は難しいもの。

ビュッフェ形式では食べ過ぎないよう、コースの時も前もってお店に量を調節していただくようお願いするなどの工夫をされていました。

また、飲み過ぎを避ける工夫もされていました。

飲んでしまうことで、適量を摂取するということをつい忘れてしまうということがあったためです。

 

運動も取り入れます

ある程度減量が進んで来たら、積極的に身体を動かしていただくようお勧めします。

歩くことからでも、筋トレでも何でもOK!

まずはできることからです。

個人的には運動で痩せるとは思っていませんが、身体を整えるためにやはり必要なことです。

いつもより5分多く歩くことや、いつもの通勤路を走ってみることなどに取り組まれていました。

 

結果は?

このブログのタイトル通りに見事達成!でした。

実はお客様はお知り合いの方と約束をされていました。目標体重まで痩せなければ任意の団体に寄付するというものでした。

かなり大きな額も今回の励みになったかと思っていたら、以前はその約束が果たせずに実際に支払ったそうです。

なにはともあれ、自分のこと以上に嬉しいものでした。

実はこの頃、私もダイエットをしていまして、ちょうど同じ日に目標達成しました。二重で嬉しい日でした。

 

お客さまの頑張りがあったからこその成功

目標達成したときに「ふくおかさんのおかげで」と何度も言っていただきました。

本当に嬉しいことです。

もちろんサポートもお役に立ったことと自負していますが、何よりもお客さまが真剣に取り組まれたことと、選択された方法やご家族の協力などいろんな歯車がうまくかみ合ったのだと思います。

なかなか数字が動かないとき、頑張っているのに変化がないときがもっとも辛いときですが、そんなときに諦めずに、止めずに継続できるお手伝いをさせていただきました。

 

 

目標達成後の目標設定

せっかく目標体重まで痩せたとしてもリバウンドしては意味がありません。

リバウンドを防ぐためにも早々に次の目標を設定します。

目標の体重はお客様の理想の体重ではありませんでした。なので、理想の体重に近づけるようさらにサポートを継続しています。

 

何でも達成できそうな気がする

しばらくして、新たな目標についてのご相談がありました。

今度は身体のことではありませんが、その際に「あれだけの減量ができたから他の目標も達成できるように思って」と。

自信を持たれたことは本当に嬉しいことです。

 

目標が達成できるということは自信につながります。

自分が宣言したことがちゃんとできることは想像以上に大きな効果をもたらします。

今回はかなり大きな成功事例をお知らせいたしましたが、成功も日々の小さな1歩の積み重ねです。