お客様事例のご紹介です。

お問い合わせのあったのは学生さんから。

難関試験を受験するため、夏休みの過ごし方が大事だけれども一人だとどうしてもさぼってしまうので、1カ月だけ利用したいというご希望でした。

まずは計画を作ります

1カ月はあっという間に過ぎてしまいます。

さらに学生生活最後の夏休みということもあり、他にもやりたいこと、やらなければいけないこともあります。

そこで、まずは計画を立てます。

  • やらなければいけないことの時間配分
  • やりたいことの時間配分
  • お金の管理

最初に計画を立てることで、1カ月に最大できることが見えてきます。さらに夏休み期間中にこれだけできれば試験まで間に合うかという試験までの勉強の計画ももう一度見直し、夏休みの勉強計画をもう一度修正してからスタートです。

計画通りにはなかなかいきません

計画通りにすべてが上手くいくことはなかなかありませんよね。そこで、パートナーからいろんなご提案もさせていただきます。

進捗状況は必ずお伺いしますが、進んでいない場合はできるだけ進められるよう、必要ならアドバイスもします。そして勉強ができる工夫もご一緒に考えます。

疲れていたらどうするか?やる気がないときはどうすれば良いか?

一つ一つご自分でも考えていただくことで通話後にもお役に立てるよう配慮しました。

また、作成した試験までの日程を再確認することで、今やらなければ後々大変なことになるという意識を強く持っていただいたりもしました。

現在できるベストなことをやる

やらなければいけないことや、体調不良等が勉強時間を削減していきますが、その中でも最大限できることを進めていっていただきました。

さらに不定期に試験までの日程を見直していき、サービス終了後にも活かしていただける計画をご一緒に作成させていただきました。

合格しましたというご報告が!

1カ月の通話の終了の際、試験結果はご報告しますと言っていただけました。

そして、ご連絡があり、合格というお知らせが!大切な試験の合格のために少しでもお役に立てたのなら嬉しく思いました。

「夏休みにお願いして良かったです。」と言っていただき、学生生活最後の春休みの1カ月を有意義に過ごすためにももう一度お願いしたいといっていただきました。

お仕事以外にもいかせるタスク管理

こちらのお客様のようにスポットでお申込みいただくのも歓迎します。また、通常お仕事のためにというお客様がほとんどですが、試験のため、目標達成のため、様々なことのお手伝いができます。

ここぞという時にもお手伝いができる仕組みをご用意しています。