”できない理由”探しから”行動”へ

2018年5月30日
カテゴリ
ふくおかなみこ
17c60d3056fc5323afc4820f6fbc3a0a_m

「やらなきゃいけないことだと分かっているけど、時間が・・・」

「忙しすぎてそこまでやる余裕がない」

「私にはできない」

などなど、たいていのお客さまも最初は”できない理由”を持っています。

できない理由を探しているときや、できないことを残念ながら正当化したいときというのはなかなか物事が進まないときです。変化は多くの人にとって勇気がいることです。

どうやってその勇気が生まれるのでしょうか?

 

(多くの)人はできない理由を探したい

残念ながら、どこかでできない理由を探している方は多いのです。

出来ない理由を探したい理由として

  • 行動することが面倒、怖いなど負の感情がある
  • 失敗したくない
  • 考えたくない
  • 自分ができない正当な理由を見つけたい
  • 誰かのせいにしたい

などなど。全く経験のない方はおそらくいないのではないでしょうか?

たくさんのできない理由があります。

 

できるかも/やらなければいけない

それでも、逃げてばかりもいられないので、何とかしようと思う方がいます。

このサービスに申し込んでくださる方もそうですし、強く思われてご自分で行動に移される方もいらっしゃいます。

まずは思いがあって、その後に行動がある。漠然としたものでもまずは、思う事、考えることが第一歩です。

もしかしたらできるかも、という小さな期待を自分にすることでできる可能性は無限に広がると信じています。

 

行動をしてみる

タスク管理パートナーに話すことで、言っちゃったからやらなきゃという気持ちになっていただけます。

それを毎日繰り返していると、いつの間にか行動に移せる自分になっています。

個人差はもちろんあり、すぐにできる方もあれば、お時間が少しかかる方もいらっしゃいます。

その時の状況やいろんなことが関わっていますので、一喜一憂するよりもじっくりと取り組まれることをお勧めしています。

行動を繰り返していると、それが当たり前になってきます。

その中のいくつかは今までできなかったことが出来てくるようになったり、何かを達成出来たり。

その成功体験によって、今度は今までの自分とは違った行動や考え方をしてみたり、それらを行動してみたり。

あるいは、成功体験を1度でも体験することで、別の目標を持ってみたり、自分ではできないかもと思ったことに取り組もうと思われたりなど、どんどん良い方向に物事が進んでいきます。

ある程度継続していただける方はそれぞれに成果がでていらっします。これは本当に嬉しいことです。

 

もう一度お願いします

一度、もう自分でできるようになったから、とやめられた数か月後に、やはりもう一度お願いしますと戻って来られたお客様もいらっしゃいます。

できると思っていたけれどもやっぱりできなかった、別の業種の方や別の方にお願いしたけれどもやっぱり上手くいかなかったなどというときはまたサービスを受けていただくのも歓迎です。入会金などは不要、申込の日からのサービスのスタートと始めやすい仕組みにしています。

大事なのは、トライ&エラー。

やってみてダメだったら別のやり方をやってみる、その繰り返しです。

自分でできるかもとチャレンジされるのもとても良いことです。

 

ついできないことを探してしまっていると思われた方は、もしかしたらできるかもとぜひ思っていただければと思います。

その思いが行動への第一歩です。