私はちょっとしたプレゼントを友人や家族などにするのが好きです。

先日、外国の知人に本をプレゼントしました。自分がもう読まなくなった日本語の本で、かつ状態の良い本です。
10冊程度を4人の知人それぞれの日本語のレベルに応じて渡したところ、予測がほぼ当たっていました。

とても喜んでもらえたのが嬉しかったです。


という話を友人に話したところ、それはなかなかできることじゃないというようなことを言われましたので、自分の行っていることが意外に当たり前ではないかもしれないと考え、プレゼントのコツを皆さんにもお伝えします。 どなたかにプレゼントをしたいときにはどうぞ参考にされてください。 プレゼントにもタスク管理が役に立ちます。

何気ない会話をタスクにしておく

普段の会話の中で何気なく話している

  • 好きな物
  • 困っていること

をタスクにしておきます。

その際にお気に入りの商品や逆に好きではない物なども何気なく聞くことは大事です。

例えば先日、友人が夏でも手が荒れるという話をしていたので、ハンドクリームもいいけど、ネイルオイルだともっと乾燥を防げるという話をしたところ、そういうものがあるのね、という反応でした。

この場合はその商品そのものを知らないのでブランドにはこだわらず、タスクにしておき、後日会ったときにプレゼントする予定です。

 

誕生日を覚えておく

何気なく会話ででてくる誕生日。その月に会うことになったときにちょっとしたプレゼントを渡すだけでとても喜ばれます。

言葉だけでももちろんいいのですが、個人的にはどんな小さな物でも形にすることが大切だと思っています。

あなたの話したことを覚えていますよという行為

誰でも他人に自分のことを覚えておいてもらうのは嬉しいことです。

あなたの事を大切に思っていますよという意志を表明することの分かりやすい方法は相手の事を覚えておくこと、相手の言ったことを覚えておくことだと思っています。

プレゼントを贈るというのはその一つの方法だと考えています。

言ったことはできるだけ実行する

例えば友人が、台所用の洗剤を何を使っても手が荒れるという話をしていました。私が今使っているのは環境に優しい固形の洗剤。環境に優しいということは肌にも優しいということ。この話をした後日に、プレゼントしたところとても喜んでくれました。

大した金額でなくても、あるいは無料の物でも覚えておき、そして実行することがとても大事です。

情報なども同じです。
後でと言わずに当日、あるいは翌日にその情報をメッセージで送ります。

言ったことをきちんと行うことで信頼感はものすごく上がります。

ちょっとしたお困り事を何気ない会話の中で話すことが多いと思っています。それをちゃんと聞いてタスクにしておきます。

例えば「今月、誕生日だったよね、おめでとう!」という言葉だけでももちろん嬉しいのですがそこにプレゼントがあるともっと嬉しいですよね。

プレゼントは~500円程度の本当に小さなものでも、無料の物でもいいんです。大きな物の方が関係性によってはもちろん喜ばれると思います。

甘いものがお好きな方にはコンビニの新商品でもいいし、筋トレ中の方にはプロテインバーでもスーパーで買ったものでも、ほんの少しでも形があることがよりいいなと思っています。

全部タスクに入れておいて日付をいれておけば大丈夫。時期になるとお知らせしてくれる(もちろん設定はご自身で)のでそれを見て確認すれば大丈夫。

ぜひあなたの周りの大事な方や仲良くしたい方に試してみてください。

 

関係性を考えること

プレゼントする相手との関係性は十分に配慮したほうが良いかと思います。良かれと思った行動が残念な結果になることもありますので、リサーチは行ったほうがいいでしょう。

プレゼントは渡す相手がいてこそ。相手のことをよく想像してみてくださいね。きっとその時には素敵なプレゼントになると思っています。

プレゼントは値段ではないですが、値段も同じく大事です。関係性によって、500円程度の消え物がベストの時もありますし、もっと大きな価格の物がベストの時もあります。

何をプレゼントしていいかが分からない

お菓子をじはじめとする消え物を渡せばほぼ間違いはないです。

関係性にもよりますが、相手が気を遣わない額で十分。~2,000円程度で十分です。関係性によっては「ついでだったから」「わざわざではないから」などと加えればいいでしょう。

もし、食事やお茶に行く機会があれば奢るといいですね。考えなくていいし、もっとも簡単だと思います。

何度もプレゼントする

何でもそうなのですが、繰り返し行うほど物事は上手になっていきます。プレゼントもたくさんすると、贈り物上手になります。

なので、どんな理由をつけてもいいので、身近な人にプレゼントしてみましょう。実践してみると、あなたなりのコツが分かってきます。

私も最初から喜んでもらえるプレゼントが贈れていたわではないと思っています。もちろん今もできているかはわかりません。それでも、やってきた分過去の私よりプレゼント上手になっているはずです。

おまけ(もらう側の対応)

プレゼントをあげる方は良かれと思ってしてくれています。

その好意や気持ちはできるだけ大切にして欲しいなと思っています。
プレゼントを受け取ったら素直にその気持ちに対して嬉しいと表現して欲しいと思います。

  • 勝手に準備してるだけでしょう
  • 好きでやっていることに対してどうして気を遣わなければいけないのか

こういう気持ちもあるかもしれませんし、見返りを期待するのも間違っているのは分かっていますが、こういう思考だとちょっと損をするかなと思っています。少なくとも次に渡したいとは思われませんので、仮に物が気に入らなくても、渡す人の気持ちは受け取って欲しいなと思います。そのうえでお好きな物をさりげなく伝えるのがおすすめです。

もちろん、喜び上手の人には次は何をプレゼントしようかなと考えるのが楽しみになります。