To Do リストにあるなかなか取り組めないタスク、いろんな理由があって取りかかれてないタスクに取り組む方法をご紹介します。

細分化

取りかかれないタスクがでてきた時に、明日にしようということを繰り返していると気がつけば、何日もチェックのつかないタスクというものが出てきます。

など、理由はさまざまです。
「これ数日前からチェックがついていませんよ」 とパートナーから指摘され「まあ、それは・・・」「そろそろやろうかと思っていた」 などと言い訳が出てくるくらいは気になってはいます。
そんな時は、タスクを細分化し、あなたが行動できるところまで細かくしてみましょう。

タスクを細かくしていくとは、例えば・・・
<タスク>ダイエットをする
これでは動けないので

<タスク>晩御飯を控える
<タスク>毎日一駅多く歩く
というように変更します。

これでもできない時は

<タスク>ダイエットをしていると人に言う
<タスク>目標体重を紙に書く
というように、自分が行動できるところまで細分化します。

モチベーションが全くない時に、どうすればいいのか?

個人的には、なんとなくこの作業苦手だなと感じると手が付けられなくなります。
なので、まずは毎日触れることで苦手意識をなくしていく、私はそんな方法で徐々に取りかかれるようになってきました。

タスクを細分化することで動けることも多いので、ぜひお試しください。

最初の一歩が大事

嘘みたいな最初の一歩『パソコンを立ち上げる(だけ)、本を手に取る(だけ)』も何日か続けているとファイルを開いてみようか、本を開いてみようか、開いたら実際に入力してみようか、読んでみようかというようになってきました。不思議なものですね。

おそらくその対象との距離や会う(?)頻度も取り掛かるための大事な要素の一つなのかなと考えています。その最初の一歩が踏み出せたら案外取りかかることができます。

もちろんもともと苦手意識があるので、また取りかかりにくいというサイクルになる可能性も大きいです。そのときは、また小さな一歩を踏み出してみることも一つの方法ですし、そもそもそれは本当に必要なことかをもう一度考えるのも一つの方法です。

次の行動に移すことができるのも最初の小さな一歩を踏み出したからこそです。この小さな一歩のときに注意してほしいのは次のタスクを考えないということです。

本を手に取ったら、読まなきゃいけないんじゃないかなどと次の行動は考えずに、本当に手に取るだけ。それでチェックをしてください。

タスクに書いてある通りの行動をすることがポイントです。

あんまりやりたくないタスクに取りかかる方法

Youtubeの動画もご覧ください