家族にタスク管理を依頼すると難しいポイント3つ

タスク管理はいいらしいと思ってもやはり難しいのは以下のことです。

  • 始められない
  • 継続できない

では、家族に確認してもらうのはどうでしょうか?

  • 感情的になってしまう
  • タスク管理についての説明、継続が難しい
  • 金銭の支払いについて

この3つが家族に依頼するのに難しいポイントでしょう。

逆に言うと、これらをクリアできるのなら、家族に依頼するのはとても良いことです。

問題点を一つずつ考えていきます。

冷静さを保てるか?

家族は一番身近で自分のことをわかってくれている人です。

最適な人選である場合もありますが、家族だからこそ難しいのは、つい感情的になってしまうことではないでしょうか。生活を共にしていると、些細なことで喧嘩をしたり、感情をそのままぶつけたり・・・。

その状態でタスク管理を行うことは大変なことです。

いかに冷静さを保てるかというのが一つ目のポイントです。

タスク管理のポイントが分からない、続けられない

そもそもタスク管理をしたことがないのなら、どのように進めていけばよいかが分からない、ましてや、タスクを管理をすることで、仕事が進みやすくなり、時間を作ることができるということを理解してもらうだけでも一仕事かもしれません。

さらに、こういうことを言って欲しい、気づいて欲しい、ということまで言っていると、言う方も言われる方も面倒になって、結局やめてしまうということにもつながります。このハードルも越える必要があるでしょう。

なので、お願いする時にはポイントを絞って、一つか二つだけお願いするというのがいいでしょう。

さらに、毎日、毎週と決まった時に確認してもらうのもかなり手間です。いつの間にか忘れていたという状況にならない工夫も合わせて必要です。

これが二つ目のポイントです。

金銭を発生させるか

毎日、あるいは週1回でも時間をとってタスクを確認してもらうとなるとどうでしょうか?最初は快く引き受けてもらったとしても徐々に不満が出てくるかもしれません。

タスク管理を手伝ってもらうことと同等以上の何かを提供できるか、それができなければお金をきちんと払うか。家族だから無料が当然だろうと思うと、これも長続きは難しいのです。家族にお金を払うのはもったいないと思ったなら、家族には依頼しないほうがよいでしょう。

少なくとも家族だと無料でやってもらえるからと思うのであればやめたほうがいいかもしれません。

何かしらの対価を家族に払う、これが三つ目のポイントです。

基本的には他人に依頼するほうがうまくいく

以上の問題を他人の場合は割合簡単にクリアできます。

人に話すことで、タスクを完了するモチベーションをあげる

他人に対してそんなに感情的にならないものです。遠慮もありますし、距離もあります。

この適度な距離感を持ってタスク管理に望むので、うまくいきやすいのです。

また、タスク管理の良さや、整理のポイントなど分かっているため、タスク管理の説明はもちろん必要ありません。そして、もちろん他人なので、金銭は発生して当たり前と思うのではないでしょうか。

こういうポイントならばクリアできると思われたなら、家族に依頼してみるのもいいかもしれません。

一人で頑張るより、効果的でしょう。

タスク管理を継続するために他人の力を借りる

ベストな方法は、二人(以上)の家族がどちらもタスク管理のことを理解し、双方助け合えるというのがいいでしょう。

くれぐれもタスク管理を依頼したことで喧嘩をしたりしないよう、家族に依頼する場合こそ、細心の注意を払ってくださいね。

Youtubeの動画もご覧ください