読書好きという人に会うとよく「お勧めの本」を教えてもらいます。

教えてもらう本の中にこの『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』(ジュリア・キャメロン著/サンマーク出版)が何度かあります。

この本、何回読んでもタイトルを覚えなくて、手に取ってようやく「あ、この本読んだことある」ということを記憶にある限りでも3度は繰り返しています。

この本は課題の多い本です、そして12週(3か月)も続きます。今回はようやく課題に取り組めました。課題に取り組めて、継続できているコツをお伝えします。

適切なやり方を見つけることは大切

いろんな本で「課題」が提供されていますが、実際に実行してみたことはありますか?私はある時期からやってみたい本や課題に出会ったときに取り組むようにしています。

その時の気持ちや状況によっては特に気にもならなかったのに、同じ本を後日読んでみるとやってみようという気持ちになるということもあります。

本書はやってみたいという気持ちはあったので、過去に何度か読んで何度か課題にチャレンジしているのですが、続けられませんでした。

やりたいという気持ちはあったのに、やり方が適切ではなかったと今回気が付いたので、今回のやり方を一つの方法として皆さんにシェアします。

完璧にやりたいという気持ちを持ち続けない

過去に2度は挫折した課題への取り組み、失敗の原因はせっかく提供されているものだから、完璧にやりたいという気持ちでした。

完璧に取り組むのはやはり難しい。それで、1日でいっぱいいっぱいになってしまって続きませんでした。

完璧に行うことは素晴らしいことですが、完璧を求めて続かないとそもそもできないので、失敗に終わることになりました。

全部やろうとも思わない

もう一つの問題は課題全部に取り組もうとしたことです。

先ほどの完璧さという質と、全部という量が加わって、1日目にしてどちらもできないという状況が生み出されました。

せめてどちらかにすればよかったのですが、柔軟に考えることができず、全部やらなきゃという謎の義務感を感じて、早々に挫折しました。

やりたいことだけやる

さて、上記のように最低2回は失敗した経験をもとに、縁あってまた私のところにやってきてくれた本です、これを活かしたいと思ったときに取った行動が、やりたい課題だけを行うということでした。

自分がやりたいからやることなので、私がやりたいことだけやったらいいじゃないかという、ごく当たり前の結論に至ったわけです。

こう考えると、行動もしやすく、やりたいことだけなので続けやすい。まずは12週間継続しないと結果すらわかりません。

タスク管理を活用する

新しい習慣というのは覚えておくだけでは心もとないことが私は多いです。

よし、やるぞと気合をいれた翌日には忘れているという自分の性質をよく知っているので、すぐにタスクにして、確認できる形にしておきます。

新しい習慣というのはとても小さな存在だと思っています。小さな存在がゆえに始めたばかりの時は見落としてしまったり、まあいいかとやらなかったりします。それをちゃんといるんだよと認識させてくれるのがToDoリストです。

リストにすることで小さな存在が認識できるようになります。

話す人を選ぶ

もし、あなたが新しいことを始めたときに人に話すタイプであれば、話す相手はしっかりと選びましょう。

世の中には、新しいことやわくわくすることをやっている人の足を引っ張る人が一定数いて、あなたのせっかくのやる気や楽しい気持ちをそいでいきます。

相手によって、話す話題を選ぶことは大事です。そして、もし、あなたが他人のやる気を削ぐような発言をしていることに気が付いたら、まずは自分の気持ちを見直してみましょう。どんな気持ちがあるからそんなことを言ってしまうのでしょうか?他人に言ってしまう人は自分自身にも言っている可能性がありますので、自分の可能性を否定してしまうこともやめたいことですね。

自分がやりたいと思ったことを、続けられるやり方を見つけて継続してみる、ぜひあなたもチャレンジしたいことに取り組んでみてください。もし、一人で難しい場合はタスク管理パートナーのサービスもご検討ください。