『シャキッ! つい怠ける自分を「科学的に」動かす方法』冨山真由著/すばる舎

本書は在宅勤務でのさまざまな問題を、行動科学マネジメントに基づき時間と自己を管理し、解決する方法が書かれています。

本書を読んでいて、私もやっていることが多かったので、本書より在宅勤務おすすめの習慣のご紹介とさらにタスク管理パートナーとしてのおすすめもお伝えします。

在宅勤務も慣れてきたとはいえ、もっと工夫できることがあれば知りたいです!

同じ時間に起床

出勤がないと、つい朝はのんびりしたくなりますが、同じ時間に起床することを本書ではおすすめしています。

自粛期間中は特に夜に予定がなくなり、就寝時間が自分でコントロールしやすいので、同じ時間にも起床しやすくはなると思いますが、いかがでしょうか?

私は曜日に関係なく、目覚ましもなく、毎朝5時起きです。

5時は夜中ですよ・・・

就寝も早いんですよ。21時~22時には寝るので、7~8時間も寝ると自然に目が覚めます。

パートナーおすすめの同じ時間に起きるコツ

  • 自分に必要な睡眠時間を知り、起床したい時間を計算して就寝する
  • 夏や冬などは、24時間エアコンを付けて起床しやすくする
  • オシャレ間接照明は睡眠にもおすすめ!睡眠前30分だけでも間接照明にすると眠たくなりやすいです

ちなみに寝る直前までスマホは観てしまいます。なかなかやめにくいことは無理してやめずにその他の工夫をしてみましょう。

やることを見える化

1日をムダにしないためにもやることは「考える」だけでなく、紙に書き出すことを本書はおすすめしています。

タスク管理パートナーでは、紙でもToDoリストでもあなたが使いやすいツールで書くことをおすすめしています。

体重測定、朝ごはん、着替えなどが済んだらパソコンを立ち上げます。そこからすぐに作成しているタスクを確認しながら行動します。

ぼくは仕事を始める前に確認しています。

1日のやることは、私はTodoistというタスク管理ツールに入力していますが、紙媒体でも同じく、今日1日のやることが書いてあるとよりスムーズに行動できます。

基本的に週次レビューで1週間分のタスクを、あとは都度タスクを作成しています。

パートナーおすすめのやることを見える化するコツ

  • 朝一番か、前日の仕事終わりや夜に今日やることを書きだしておく
  • やることが発生したときにすぐにタスクを作成
  • 整理するための時間をまずは5分確保する

在宅勤務でも必ず着替える

着替えることで仕事モードに切り替わりスイッチが入る、として本書では在宅勤務でもお仕事服に着替えることをおすすめしています。

パジャマや部屋着で仕事をする日もあります・・・

毎朝オンラインの英会話レッスンを受講しているので、それも着替えて身支度する良いきっかけになっています。

パートナーおすすめの身支度するコツ

  • 着替えるきっかけを作る(散歩、出かける、ゴミ出しなど)
  • 机の前に鏡を置く
  • 身支度をできるだけ簡単に済ませる

急なオンラインのミーティングに備えて、上半身だけでもきちんとしましょう。

上半身だけ・・・身支度に時間をかけない工夫?の一つ・・・ですね。

環境作りで作業を効率化

机の上には仕事に必要な物だけ置き、かつそれらを定位置に置くことで作業の効率化を図ることを本書ではおすすめしています。

片付けが趣味の私にとってはこれはいつも行っていることです。そして、仕事が終わった時にはパソコンも全て片付けて、同じ部屋でもくつろげるようにします。

確かに、パソコンが見えるといつまでも仕事モードから抜けられないです。

パートナーおすすめの片付けやすくするコツ

  • 不要な物を減らして片付けをしなくて良い状態を目指す
  • お仕事道具をまとめておき、それを広げたら仕事、閉じたら仕事を終わりとする
  • 机の上だけは不要な物を置かず常に片付けておく

ダラダラしないためには?

進捗がなく報告の時に慌ててしまう方は、あえて他人の目がある環境を作ることを本書ではおすすめしています。

在宅勤務では、オンラインコワーキングスペースを活用しています。やることを25分ごとに宣言と報告しています。

家の中には誘惑が多いから大変です。

パートナーおすすめのダラダラしないコツ

  • 宣言、報告できる場所を作る
  • 今日、今、自分は何をするかをはっきりさせる
  • 時間術も併用する

https://bizlibrary.info/os/

変えるのは感情や性格ではなく、行動

家が仕事場になり、戸惑いや、ついだらだらしてしまうということは誰でもあることです。ダラダラ、サボりたい感情はそのままにとりあえずできることからやっていきましょう。

働く状況が大きく変わった方もいらっしゃるでしょう。不便だと感じることもあるかもしれませんが、便利になったこともあるでしょう。せっかくの自宅での勤務をより快適にするあなたなりの工夫も見つけてください。

タスク管理パートナーのおかげで、毎日のやることも整理できて、仕事はもちろん、勉強も進んでいます!自分一人だと難しかったことばかりです。

サトウさん、本当によく進まれていますね。いろんな本を読んでもセミナーに行っても実行が難しい場合は、人に頼るという選択肢もお持ちください。

YouTubeの動画もご覧ください