「先延ばし」はやるべきことを将来の自分に期待して今、やらないことですが、過去の自分に感謝するTipsもあります。

個人的によく利用する方法を、ご紹介します。

過去の自分に感謝する成功体験があった

着物を着ます。

着物はいろいろと準備することがあります。その中でも半襟を付ける作業が苦手です。一番汚れる首回りの生地を汚れから守るため、そしてオシャレのために半襟は存在しますが、それを着物に縫い付ける必要があります。そして汚れたら取り換えるのですね。

ある朝、着物を着ようとしたのですが、前日に半襟を付けるのを忘れていました。

どうしようかと思ったのですが、なんと過去に縫い付けていたんです。その時に思ったのが「過去の私、ありがとう」でした。

このことをきっかけに過去にちょっとだけ頑張ると、今の私がすごく楽になるということを知りました。当たり前のことですが、体験して、実感するとすごく嬉しいことでした。

未来の自分のために今、もう少しだけ頑張れる

この小さな成功体験が、今、ちょっとだけがんばって未来の私が楽にできるようにというように考えるようになりました。

年々忙しくなっていくと感じたことはありませんか?

いろいろとやりたいことがあればあるほど、どんどん忙しくなっていきます。つまり、今の私が一番時間がある状態とも言えるのかもしれません。

さらに忙しくなった未来の私が、今少し頑張ることで楽になると思うともう少しだけ頑張れるようになります。

そして、今、気が付いた時にやることで時間が節約できるというのはいつも感じています。
ある日急いで出かけたいときに用意できてなかったあれこれ、なんでこんなときにやらなきゃいけないの、と忙しい時に出てくる些末なこと。
全部、気が付いた時にやることで未来の私の行動がスムーズになります。

心と時間の余裕ができる

今の私がちょっと頑張ることによって、少し多めにいろんなことができ、心と時間に余裕ができます。

ただ、あとちょっとだけは頑張れますが、私の場合、過去も今も頑張るということはなかなか難しかったりしますが、少なくとも今、以前よりも少しだけ頑張れるようになっています。自分が決めた分だけなのですが、自分が決めたことは終わらせられる、そんなサイクルになっています。

なので、いつもあとちょっとだけ頑張れるようになれました。

ちょっとだけの積み重ねっていつの間にかとても大きくなっているなと感じる日々です。

そんなちょっとの頑張りで、心と時間の余裕ができて、いろんな良いことを生み出してくれます。

明日の自分に手紙を書く

手紙といっても、ほぼ明日のやることリストですね。

明日になると、「今日」なので、「今日やること」をタイトルとして、書きだします。書いているといくつかは「今、やっちゃおう」と取りかかってチェックをつけてしまいます(笑)

これを書くことで明日の整理ができる、やることがわかる、今日の仕事の整理、長いリストになったら、今日もう少し頑張ろうかなという気になりもうちょっと頑張るということをしたりもします。

思いついたことは紙に書くことが多いですが、お好きなツールで!

今、ちょっとだけがんばるという方法が身につくと、いろんなことに余裕をもって行動できるというのがもっとも大きな効果です。

興味を持っていただけたらぜひお試しください。