サトウ(仮)
大事なのは分かるけど、その計画を立てたりタスク管理をする時間がなかなか取れないんですよね
パートナー
サトウさんは、そもそもタスク管理やスケジュール管理をした方が得なのだと考えているのですよね?
サトウ(仮)
これまでも、うまくタスク管理やスケジュール管理ができた時は、本当によく仕事が進んで、自分の力をめいっぱい効果的に出せる感覚で気持ちよく取り組む事ができました。
パートナー
では、タスク整理やスケジューリングにあてた時間を差し引いても、生産性の良い仕事ができたと言うことですよね?
サトウ(仮)
もちろんです。その最高の状態を作るために、タスクやスケジュール管理をしたいのだけど、そのための時間がなかなか確保できないということが悩みどころなんですよね。
パートナー
なるほど……気持ちは分かりますが、この記事では少し厳しいことを言いますね。
サトウ(仮)
えっ!?

忙しすぎてタスク管理ができないのは嘘

このページを読んでいる時点で、まだ余裕のある証拠

タスク管理をしたり、スケジュールを立てる事の重要性と効果が分かっていてもできない言い訳として、「忙しくて暇がなかった、体力、気力が残らない」と言いがちです。

たしかに、世の中、本当に一分、一秒の余裕なく働いていて、全く余力のない生活をしている人もいるのでしょう。しかし、今パソコンやスマートフォンでこの記事を見ているあなたは、少なくともそうする余力があるという事です。
本当に余裕がないのならば、この記事を目にすることはないはずなのです。

サトウ(仮)
わっ、たしかに厳しいですね……。だけど、そりゃ、余力ゼロってことはないにせよ、そのわずかな休憩時間でたまたま目にしたっていうこともあるじゃないですか?
パートナー
そうですね。まず、わずかでも余裕があるということを自覚することが大切なのです。「余裕、暇がない」と言い訳をしてしまう事で、本来ある余裕を自分でゼロだと自己暗示をかけて、思考放棄することになりかねません。
サトウ(仮)
あー、確かに、あまり段取り良く仕事できない人に限って「忙しい忙しい」と言いがちですよね……。


タスク、スケジュール管理ができないことの言い訳を忙しさに押し付けて、実はわずかにある余裕にさえ目をそらしてしまう姿勢を取らないように心がけることがまず大事です。
この記事を読んでいるあなたには、まだ余裕があるのです。それを忙しさを言い訳にして余裕がゼロだと自己暗示をかけないようにする事が大切です。

お金が無いからお金を稼げない?

『時は金なり』と言います。逆を言えば『金は時なり』とも言えます。ここでは、時間がないことを、お金に置き換えて考えてみることで、タスク管理やスケジュール管理のできない状況を打破するヒントを探してみましょう。

以下のように、お金が無い事によって、お金を稼ぐことができない状況にあったとします。

  • 取り組みたい仕事に必要な設備を買うお金がない
  • キャリアアップのため勉強するための学費がない

このような時、一般的に以下のような行動を行って、必要なお金を用意します。

  • 誰かにお金をだしてもらう、お金を借りる
  • 仕事を増やしてお金を増やす
  • 節約してお金を残す

誰かがお金を出してくれるのが一番楽なのですが、そうでない場合は、自分のできる範囲で仕事を増やしたり、節約したりしてお金を作っていく事になります。

この状況の「お金」を「時間」置き換えて増やす場合、このような行動を取ることになります。

  • 誰かにお金をだしてもらう、お金を借りる
    → 忙しさを誰かに肩代わりしてもらう、手伝ってもらう
    【頼れる状況にあるのなら一番楽な方法だが、そういう人はこの記事の情報を必要としない】
  • 仕事を増やしてお金を増やす
    → 忙しさを生み出す仕事等を減らす、無くす
    【時間とお金の交換】
  • 節約してお金を残す
    → 体力、気力の消耗を抑えて回復にあてる
    リスクなしでの実現も可能

タスクやスケジュール管理をする時間がある事は、この記事を読める余裕があることで証明されています。では、あとはそれを実行するための体力、気力を用意するだけです。

まずは何もしないことから

体力と気力は、こうやってネット記事を読んでいるだけでも若干消耗します。最低限の知識とモチベーションを得たら、まずは何もしない時間を持つ事からはじめ、タスク管理、スケジュール管理を行うための体力と気力が回復するのを待ちましょう。

余力があれば、こちらの記事でも紹介していますので、ご覧ください。

お金に余裕があるのなら、代行サービスや自動化できる商品の利用も検討

余分な時間や体力、気力を用意するために、ある程度お金が使える状況であるのなら、ご自身のやることを手伝ってくれたり代行してくれたりしてくれるサービスの利用も検討しましょう。

例えば部屋の掃除や整理整頓であれば、家事代行サービスや整理収納アドバイザーの方の助言を受けるなどするのも良い方法です。
お金を使うことで、時間、気力、体力を生むことができるので、タスク管理、スケジュール管理を行う時間に取り組みやすくなります。
料理であれば、宅配サービスを積極的に利用して時間を生む意識を持つのもおすすめです。

時間を生むために家事を自動化できる家電を道入するのも良い方法でしょう。
ロボット掃除機、洗濯乾燥機などは価格もこなれてきて比較的導入しやすい家電の一つです。

タスク管理を手伝ってくれるサービスを利用しましょう

そして、もちろんタスク管理パートナーは、あなたのタスク管理やスケジュール整理のお手伝いさせていただくサービスなので余裕のない状況の打破にはうってつけです。

タスク管理パートナーは、あなたの代わりにお仕事を行うことはできませんが、あなたが忙しかったり、コンディションが悪い時であっても、仕事や勉強で成果を出し続けられる体制づくりの実現をお手伝いしています。

Youtubeの動画もご覧ください