2021年が始まりました。

新年の目標についての話題も出るころですね。目標を立てるのが大事だと言われますが

  • そもそも、何を目標にしたらいいかわからない
  • 自分が何をしたらいいかわからない

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそもそも目標がなく、作ってみたいけど、目標ってどうやって持つの?という方へ向けて目標の立て方のコツについてご紹介します。

自分が何をしたらいいかわからない?

「子供のころに好きだったこと」覚えていますか?

目標に限らず、好きなことを仕事に、というような時も、子供時代から遡って考えてみる方法というのは良く聞きます。

でも、そもそも皆さん、覚えているものでしょうか?そんな都合よく、これ!というものが見つかるものでしょうか?また、幼少の頃から振り返っていたら、途中で飽きてしまったり、疲れてしまったりしないでしょうか。

この方法はとても良い方法ですが、途中で放置してしまいがちという欠点もあると思っています。 

ここでは、そんな遡らずとも、今に注目します。

今欲しい欲求を素直に表す

目標というのは たいしたことでなくていいのです。立派な目標を立てようとすると失敗することも多いのですが、多くの場合、あなたの目標はあなたのもので、他人に披露しなければいけないものではありません。

なので

  • お金が欲しい
  • 英語を喋れたらかっこいい
  • 可愛く/カッコよくなりたい

こういう感じで十分です。

まずは、自分がいいな、うらやましいなと思うことを頭に描いて、そして文字に書き出してみましょう。

目標を立てて実行する事に慣れる

目標というのは人生において一度しか立てられないものではありません。 100でも1000でも何度でも目標は立てて実行して達成するものです。 

そのためにも、目標を立てることが、はじめてに近い時はできるだけ簡単な、5分後にでも達成できそうな目標をまず一つ作ってみることをおすすめします。

それができたら、1日の終わりに達成できそうなこと、1週間後・・・と少しずつ期間を延ばしていきましょう。期間が延びるということはそれだけ、内容も難しくなったり、大変になったりします。

これからの人生で目標はたくさん立てて、たくさん実行することになります。慣れれば慣れるほど、なんでも上手にできるようになります。

目標を立てることも、実行することも、達成することもまずは慣れることからはじめましょう。

PDCAを回す

PDCAは、plan, do, check, actionの略ですが、計画はしても、実行、確認となるとなかなかできない方が多いと感じています。

目標は達成するために立てます。なので、何よりも実行することを、そして、できているかを確認することも併せて行っていきましょう。

成功体験を積み重ねる

目標を達成することは楽しい、と思うためにも成功体験、この場合は目標を達成して、気分が良い、物事が片付いたなどなどの良いことを繰り返していただくためにも、たくさんの成功をしてほしいと思っています。

最低1年は達成までにかかる目標だと、どんなに頑張っても1年後にしか成功体験は得られませんが、目標は大小に関わらず達成していくことが大事ですので、1日10個の目標を達成するぞという勢いで最初は内容よりも数、質よりも量をこなすことを目標に取り組んでみましょう。

小さな目標ってどんなことがあるのでしょうか?例えばこんなことです。

  • 部屋を綺麗にしたいから、物を1つだけ処分する
  • 英語を話せたらカッコいいな、気になっていたメルマガに登録してみよう
  • 貯金をしたいから、今日は買い物には行かない
  • ダイエットしたいから、目の前のお菓子は明日の朝に食べる
  • マラソンを始めてみたいな、マラソンをしている知り合いに連絡してみよう

例えばこんな一歩も達成するとちょっと嬉しい気持ちになれるかもしれません。

目標達成にはベーシックサポートがおすすめ

そうはいっても、なかなかできないなあと思われた時には、タスク管理パートナーがお手伝いします。

やりたいことが分からないという方もご一緒に探していくお手伝いもさせていただいています。その時には子供時代からの・・・というのもお聴きするかもしれません笑

パートナーがサポートさせていただきますので、リラックしてご一緒に考えていきましょう。