仕事の質と量、無意識に量をとって損をしていませんか?

タスク管理パートナーへようこそ!
この記事に辿り着くということはあなたは、仕事、勉強、趣味をはじめ、やりたい事、やらなければいけない事が盛り沢山あり、1日が24時間では足りないと感じているのではないでしょうか?

たくさんのタスクを消化したいので、ついつい睡眠時間を削り、1日の多くの時間をできるだけ起きてまま活動したくなります。しかし人間はずっと起きておく事はできず、睡眠不足になると、必ずパフォーマンスが落ちます。

本来はもっと長い時間寝た方が良いパフォーマンスを発揮できる事はわかってはいるけど、眠い目をこすりながら、やや能率が落ちても、活動時間を長くしたくなりますが、果たしてそれは本当に正しく、得なことなのでしょうか?

実はきちんと適切な睡眠時間を取った方が健康面に限らず、総合的に得ではないかという可能性を疑った事はありませんか?

睡眠時間を削って働くより、ちゃんと寝たほうが得なのか計算をしましょう

_という事で、現在の睡眠時間や活動のパフォーマンス等を入力すると、適切な睡眠時間をとった時と、どちらが得であるのかがわかる、計算機を用意しました。


睡眠不足は長期的に健康面で悪影響がある事はわかっているけど、それでも今、成果を出すために、長い時間起きて活動しなければいけないと考えてしまいがちです。

しかし、計算した結果きちんと寝たほうが良い成果がある可能性も考えてみましょう。

多くの場合、ちゃんと睡眠を取ったほうが得な結果になります

本来のパフォーマンスを発揮できないまま長時間活動している人が入力すると、概ねちゃんと寝た方が良い結果になることがわかるでしょう。
試してみた結果、寝た方が良い事がわかれば、ぜひ今晩から100%のパフォーマンスを発揮できる睡眠時間を確保して良い成果を出せる生活に変えてみませんか?

睡眠不足をおして長時間活動している方にとって、その時間を削って適切な睡眠時間を取る選択をする事はとても勇気が要ることですが、そのほうが得が大きい可能性が見えると実行しやすくなるはずです。

タスク管理パートナーでは、タスク作りを通して、健康面はもちろんのこと、仕事等でもきちんと結果を出したい方を応援しています。
適切な睡眠時間と、きちんと整理されたタスクリストを気分良く消化しながら、成果を出していく生活を実現させてみませんか?