接続テストが最重要の準備: ビデオ通話/会議の生産性を上げる2つの準備・前編

映りが良くなるカメラ角度、ライティング、背景を知る

良い会議を行う上で、自身の身だしなみを整える事も大事な要素です。ビデオ会議における「見た目」とは、自分自身の身なりだけでなく、通話を行う背景に写る部屋も身だしなみの一部になります。

最低限「見た目が減点にならない」レベルにする

もちろん、見た目よりも、会議の内容の方が肝心なので、内容よりここに手間をかけすぎるのは問題ですが、何事も最低限の身だしなみを整える姿勢は大切です。

ビデオ通話では写っている自分自身と、背景の部屋を含めての身だしなみと捉えて、ある程度の努力を心がけましょう。

良いカメラ角度と体の姿勢を見つけておく

パソコンに付属しているカメラを利用する場合、普段作業する姿勢をそのまま映すと、不自然に見上げた形になりがちです。

この角度は普段鏡で見ている自身の姿とは随分違う事もあり、その映り方を希望する人は少ないでしょう。予めテスト撮影で、良い角度をみつけておく事が大切です。

暗い部屋や夜に会議を行う場合はライトを工夫する

ビデオ会議に使うカメラは、一般的にあまり良い画質で撮影する事はできず、暗所での撮影が不得意です。

夜間に行う場合、部屋の照明とはべつに、仕事のじゃまにならない程度で良いので、補助光を顔に当てるようにすると、印象を良くしやすいです。カメラのテストモードで、ご自身の見た目をチェックして、良い位置を探しておきましょう。

暗いからと言っていたずらに明かりを増やすと準備が大変だし、増やしただけの成果を出すにはかなりの技術が必要です。1,2灯の光の位置を工夫するだけでも随分印象を良くすることは可能です。

一人でも実践できる! 映像ライティング講座 | ビデオSALON

背景は迷ったら観葉植物を入れる

ビデオに映る背景は、まず服装同様に清潔感のある部屋であることが第一です。散らかっていて汚らしい環境は論外と言えるでしょう。

サトウ(仮)
ビデオに映る部分だけはきれいにしてますよー。ほかは悲惨な状態ですが。
パートナー
とりあえず最初はそれでも良いと思います。

無地の白い壁だけの背景も、清潔感という意味では良いですが、本当に一色だけだと、ちょっと無機質な印象にもなりがちです。

そういうときには、観葉植物を用意して背景の一部に映り込む様にしてはどうでしょう?これだけで健康的な印象が上がるはずです。

背景をぼかす機能の利用も検討

スカイプなど一部のビデオチャットシステムでは、背景をぼかす機能を利用することができます。

これで全て解決する訳ではありませんが、背景をぼかす事は、被写体の見栄えを手軽によくできるカメラのテクニックなので、利用できる環境であれば、テストで試してみて、利用を検討してみる価値があるでしょう。

パートナー
タスク管理パートナーの通話サポートサービスの週次レビューでは、ビデオチャットを利用する事もできます。限られた時間の中で最大限の成果を出せるべくサポートしますので、ご都合が合えば、ぜひおためしくださいね!