パートナー
サトウさん、最近毎日たくさんのタスクをクリアできているようですね!
サトウ(仮)
うーん、確かにそれなりの数のタスクはクリアできているのだけど、少し最近、充実感に欠けると言うか、この生活にちょっと飽きを感じているような気がしてきているのですよね。今一つ進んでいる感じがしないと言うか。
パートナー
あっ、そうなんですか?何か思い当たる点はありますか?
サトウ(仮)
やる気がいまいちでなくて、ついついさぼっちゃって・・・
パートナー
なるほど、それでしたら、こんな方法はいかがですか

こんなお悩みありませんか?

  • 毎日同じタスクをクリアする事への飽きを感じる
  • 目標に近づいている実感がない
  • 日々の充実感がない

これらを解決する方法の一つとして、今回は誰かと一緒に取り組むことについてご紹介します。

誰かと一緒に行うことでやる気がでます

誰しもなかなかやる気がでない日というのはあります。

そんな時に誰かと一緒にやりたいことを進めるというのはおすすめです。この誰かは、一緒に仕事や勉強をしている人だとベストですが、まったく違うことをするのであっても、同じく集中して物事に取り組みたい人同士であればOKです。

誰かが仕事をしていて、誰かが資格の勉強をしている、誰かが読書をしているというような状況も大丈夫。

頑張っている人をみると、やる気が出てくるというのは体験したことがあるのではないでしょうか。図書館や自習室で勉強したことのある方も周囲の人が頑張っている雰囲気が感じられるから自分も頑張れるというものですね。

場所は一緒にやる人の自宅でも、カフェでもコワーキングスペースでもどこでもよいと思いますが、その場所に適した方法でお過ごしください。

ポモドーロテクニックはおすすめ

オンラインコワーキングスペースでも取り入れているポモドーロテクニック。

https://bizlibrary.info/os/

25分集中して、5分休むというサイクルを繰り返します。

時間を決めて行うことでより集中力が高まります。ついだらだらということも少なくなります。さらに、だらだらしてしまっても25分経つと、さすがにやらなきゃいけないかな・・・という気持ちにもれなくなる場合もあります!

さらにさらに、25分が始まる前にお互いにやることを宣言するとより進みやすくなるのでおすすめです。

宣言することの良さはいくつかあります。

  • 一緒にいる人に聞いてもらうことでやる気が出る
  • 終わらせようと頑張れる
  • 考えがまとまる

などなどです。

一緒に作業するメリットの一つですので、ぜひご活用ください。

一緒に頑張れる人を選びましょう

人選には注意をしましょう。

仕事や勉強よりもおしゃべりをしてしまう人、そのような環境を望んでいない人、邪魔をしてくる人などを選ぶとせっかくの時間が台無しになってしまいます。同時にあなたも頑張れる人であることは大事です。

もし、残念ながら一緒にがんばれない人であると途中で分かった時には適当なタイミングで切り上げて一人で頑張ってみましょう。

ネットを活用しましょう

ネット上には様々なやる気を上げる場所、集中できる場所があります。そのような場所を上手に生かして、知らない誰かと協力するのも効果的です。

以前に紹介したみんちゃれや、各種グループ、オンラインのコワーキングスペースも自習室もあります。

誰かと一緒に頑張っているという感覚でやりたいことに集中しやすい環境が確保できます。身近に適切な誰かがいない時にはおすすめの方法です。

YouTubeの動画もご覧ください