タスクの中でも、すぐに取りかかってチェックを付けられるものもあれば、なかなかチェックが付かず、気が付いたら何日も先送りにしているものもあります。

「やらなきゃ」と頭ではわかっているのになかなか動けない時にお勧めの方法をご紹介します。

目標の確認

タスクにしてあるということは、それらをやりたいと思う気持ちがあったからです。まずは、タスク作成時にどういうことがしたかったのか、そのタスクを行うことによってどうなりたかったのか、再度目標の確認を行います。

確認後、タスク削除するという選択肢もあります。

やっぱり、このタスクは必要なのでやろうと思った時には行動に移しましょう。


目標を確認したのにやっぱり行動できなかった時は、次の方法をお試しください。

期限を決める

目標を確認して、やっぱりこのタスクはやりたいと思っても、気が付いたら先送りにしているということもあります。

そんな時には期限を付けることもお勧めです。

「今日まで」という1日単位から、「〇時まで」という時間設定、あるいは「今から」取り組むのもお勧めです。

期限を決めたのに取り組めない時、そんな時もあります。次の方法はいかがでしょうか?

他人を巻き込む

目標も確認して、期限もつけたのに取りかかれない・・・そういうタスクもあります。

少し強制力のある手段として、他人を巻き込むことをお勧めします。

巻き込む人はできるだけ、約束を守らなければ大変だ!と思う方がお勧めです。仕事関係の方、目上の方、最近約束を守れなかった友人などなど。

ぜひあなたとあなたのタスクに合った人選で。

ここまでできなかった時には、もう一度目標の確認をすることもお勧めです。さらにこんな方法もあります。

適切なご褒美

タスク管理パートナーでは、ご褒美の設定というのはあまりお勧めはしていませんが、たまにはこの方法も効果的です。

何がご褒美になるかはその方、状況によっても違いますので一概にこれが良いとは言えませんが、普段ご褒美を設定していない方には、お勧めの方法です。

タスク管理パートナー

タスク管理パートナーのサービスをご利用いただくこともお勧めします。

適度な緊張感、タスクの確認、金銭を払っているということ、いろんな要素が絡まって、やりたいことが進みやすくなります。

どうしても動きにくい時は誰にでもありますし、なかなか取り組みにくいタスクも誰にでもあります。
そういうタスクはあるものとして認識して、どうすれば取りかかれるかをいつも試行錯誤して、工夫して試していただければと思います。その時にご紹介した方法も参考にしていただけると嬉しく思います。