• 「気が付いたらついついサボっていた」
  • 「あっという間に長かった連休も終わりかあ」
  • 「つい、ポチっと購入していたのよね」
  • 「いつの間にか最後の1枚のポテチだった」
  • 「そういえば、あのお金どこにいったんだろう(←使った)」

というように私たちは割と意識しないまま、時間が過ぎていたり、食べ過ぎていたり、お金を使ったりと無意識に過ごしている時間が多いものです。多くの場合はそのまま時が過ぎていくか、後悔の感情、もっと早く始めておけば・・・、買わなきゃ良かった・・・などが生まれますが、そんなに長くは続きません。

今回はこういう無意識が私たちから奪う物、事について、そしてそれを防止して少しでも意識して有意義に過ごす方法を考えてみました。

リラックスする、のんびりする、楽しむ時間と意識するのではなく、気が付いたらだらだらしていたという時間について考えてみました。

なぜ無意識で過ごしているのか

そもそも、なぜ無意識で過ごしているのか、というといくつか理由はあると思いますが、大きく2つあると考えています。

  • 時間がある
  • 目標がない

仕事にも期限を設けて取り組む方が集中できて、早く完了することが多いと感じています。

私たちの生活というのは、現在かなり便利になっています。身の回りのことも家電がやってくれたり、サービスを購入することでなんとでもなることが多くなってきました。その分、増えた時間の多くは無意識の時間、多くは娯楽に消費されています。たくさんの娯楽によって時間は無限に消費できます。そしてその時間は楽しい時間でもあります。

また、目標がないことも無意識の時間を過ごすことにつながります。目標を持たないほうが時間を上手に使える方もいますが、多くの方は目標を持ったほうがいろんなことが進みやすいです。

全ての人が無意識で過ごす時間を持っているはずです。それでも割合的に無意識の時間を多く過ごしている人の方が無意識にいろんな物や事を奪われていると考えています。

過去には、無意識の時間が多くもったいないなかったなと思いますが、私は目的がないためだらだらしているタイプでした。

そこで、無意識の状態で奪われている物や事について説明します。

時間

まずは時間です。

気が付いたら時間が過ぎていた・・・という時間は集中して何かに取り組んだ時でなければたいてい、何をしていたかわからない時間か、娯楽に消費していた時間です。何をしていたか答えられない時間は無意識に奪われた時間かもしれません。

そして、気が付いたら時間がないと慌てることになったり、困ったことになったり、自分の時間はどこに消えたのかと思います。

時間が奪われやすいものとして、ネットサーフィン、Youtube、テレビなどがあります。これらは基本的には受け身の娯楽です。そして手軽で楽しいので気が付いたらかなりの時間が経過しているという経験は多くの方がしたことがあるでしょう。

SNSを始めた頃はたくさんの時間を使っていました・・・

そして、仕事をしていても無意識の時間はあります。計画を立てずに目の前のことに取り組んだり、頼まれたことにすぐに反応したり、指示だけ待っていることなどが続くとあれ、今日は何をしたんだっけ?となります。忙しく仕事をしているはずが、何をしていたのか思い出せない場合は仕事をもう一度確認することが必要かもしれません。毎日同じことの繰り返しも無意識になりやすいです。

意思を持って行動したり、考えることで無意識の時間は減ると考えています。

時間を意識する方法

時間を意識する方法として以下の4つをご紹介します。

タスク管理

やることを書きだすことによって、やるべきこと/やりたいことが、意識でき、整理され、実行できます。

頭の中だけで覚えておくだけだと以下のデメリットがあると考えています。

  • 忘れてしまう
  • まあいいかと思ってしまうこともある
  • 全体像を把握するのが難しい
  • やりやすいことばかりに取り組んで大事なことに取りかかれない
  • 意識がしにくくなる

書き出すということは重要かつ、より意識がしやすくなることだと考えています。

時間術

いろんな時間術を使うことによって、まずは時間が意識できます。これはとても大きなことです。あなたに合う時間術を見つけましょう。

オンラインコワーキングスペースでは、ポモドーロテクニックを活用しています。

時間記録

時間の記録は実行のハードルが高い分、やれば自分の時間の過ごし方の詳細が分かり、改善点も見つかります。

ちゃんと意識をする

毎日同じことの繰り返しの仕事であっても、工夫してみたり、改善ができないかと考えることによって、同じ時間が意識ができる時間となります。

受け身の娯楽であるテレビなどでも、そこから得たことをもとに考えたり、目的を持って観ていると意識のある時間となります。

観たい番組だけを観て、テレビを消すというのもおすすめです。

健康(食べ過ぎ)

袋菓子が気が付いていたらなくなっていた、ということは、以前の私もあったのでよく分かります。本当に無意識に食べているんですよね。

たいていの場合は一袋食べる気などなく、本当に無意識に食べている、そして無意識の時は不思議と早食いなので、満腹中枢が満足する前に食べきれてしまうんですよね。そして、気が付いたら最後のお菓子がなくなっています。

最後の一つをつかんだ時のやっちゃった感・・・

こんなに糖分、脂肪分を摂取して身体に良いわけはありません。また、アルコールなどもそうですし、別腹のデザートなども身体の状態を無視して食べ過ぎ、飲み過ぎていることになります。

これらはその時には大きなダメージにはならなくても、時間をかけて健康を蝕む恐れがあります。

食べ過ぎを防止する方法

一生続けられるダイエットをしませんか?

日本ではダイエットは減量という意味になりますが、もともとDietは食事療法という意味になります。本来の意味の通りに解釈して、健康的な食事を意識してみましょう。こちらも食事記録がおすすめです。

アプリで記録をするのが便利ですが、おすすめは、あすけんというアプリです。食べた物の栄養素がわかるというのが楽しく、いかに良い数値にするかを考えながら食べるのはゲームのようで面白いです。

他にもこんな方法もあります。

  • 毎日体重計測
  • 写真を撮る、鏡を見る
  • 気になっている運動をはじめてみる

心当たりのある方はご自身がやってみたいことを何か一つ、意識してみてはいかがでしょうか?

お金

無意識にお金を使うことはあるのかと思われるかもしれませんが、

  • 給料日前にお金が足りないと思っている人
  • 贅沢もしていないのに、お金が足りないと思っている人

この状態になっている方は、無意識に使っている可能性があります。

お金を無意識に使わない方法

お金を貯める目的を持つことが大事になります。

無意識をなくすために家計簿はありますが、何よりも貯める目的がなければ貯めなくても良いので、「老後のため」「何かあった時のため」という漠然とした目標でも貯まる人は良いのですが、そうではない場合は、お金を貯める目的をはっきりとさせて取り組みましょう。

目的が見つかりにくい方はとりあえず〇〇円貯めるなど数字の目標を持つのもいいですね。

家計簿は付けるだけではなく、付けた後に見直し、節約できるところがないかを探すことが大事です。

無意識をなくすとできることが多くなる

意識すると、時間もできるし、健康にも配慮し、お金も適切に使えます。他にも変化が感じられることと思います。

無意識をなくす解決方法は目標を持つこと、そして現状を知るために記録することです。

個人的な体験

例えば意識することで、時間の流れは早くなくなります。

「あっという間に今年も終わるね」という挨拶、働き始めた20代の頃は本当にそう思っていました。でもタスク管理を始めたころから、時間通りに過ぎていくので、「早くも遅くもなく今年が終わる」というように変わりました。この感覚の違いは驚きでした。

年を取ったから時間が短く感じるのかなと思ったのですが、そんなことはありません笑どう過ごすかで時間の速さもも変わります。

健康に関しては、何よりも減量をしたことが大きなきっかけで無意識に食べることはなくなりました。お金に関しては、明らかに興味の対象が変わったことで割合簡単に節約できるようになりましたが、これは偶然です。

人生が変わるのは何気ないきっかけからばかりでした。

減量のきっかけはボルダリングでしたし、お金について考え始めたのは、給料が安くなったことがきっかけです。

きっかけはネガティブでも、何気ないことでも、それでも行動したり、変えたいという気持ちはずっとあったので、まずは思いがあって、それは「なんとなく変えたい」なんて、漠然としている、そんなものでも良いと思っています。ただ、変えることができたのは行動したからだと思っています。

目標を持つことで無意識は防げる

無意識をなくしたいと思った時に、目標を持つことで、無意識が防ぎやすくなると考えています。

例えば資格の勉強をしようとしたとしたら、時間の確保をする必要があり、時間を意識します。ダイエットや節約はもちろん、「何か」をしたいと思ったらその「何か」をするには多くの場合、時間やお金が必要になります。

変化が苦手な方は、始めることもやめることも、もう少し気楽に考えてみるのもおすすめです。

それをどこから捻出するかと考えること、工夫することで意識することができます。

何かの一歩を踏み出すということは意識する時間が増えることです。それは大変だと無意識の時間に戻ることは簡単です。変化がないということは無意識の状態に陥りやすいということです。

ToDoリストの作成がおすすめ

書く、記録するということは、おすすめの意識をする方法です。

いきなり目標なんて言われても特に思いつかないという方もいらっしゃるかもしれません。そういう方はまず、やることリスト、あるいは、やらないことリストを作ることをおすすめします。

やりたいこと/やることリスト、またはしないことリストリストを作ることで、現状把握ができます。

そのリストから見えてくることもあるかもしれませんし、なくてもリストにすることで物事は進みやすくなります。

やりたいことリストは、Bucket Listなど100のやりたいことを書きだすという方法もあります。こういう数は一つの目安になるのでどんどん活用しましょう。100を目指して書いて、150になっても、30になっても良いのです。

ぜひあなたの無意識の時間を確認して、やりたいことの時間に充てて充実した日をお過ごしください。

Youtubeの動画もご覧ください