「氷山の一角」という言葉があります。
辞典によると……

表面に現れている事柄は好ましくない物事の全体のほんの一部分であることのたとえ。「今回摘発された事件は氷山の一角にすぎない」

goo国語辞典

……とあり、例文にあるとおり、一般的には、表に出ていない巨大な問題の一部を表す言葉としての用法がメインのようです。

「カルチャーアイスバーグモデル(Culture Iceberg Model)」という言葉があります。この記事ではこの「文化の氷山」を元に、成功者を分析し、自身の努力に繋げるための考え方を紹介します。

カルチャーアイスバーグモデルとは

水面上に見える「氷山の一角」、水面下には……

海に浮かぶ氷山は、水面から出ている山よりも、遥かに巨大な氷の塊が水面下に存在しています。
この様子を他人とのコミュニケーションに当てはめる考え方がカルチャーアイスバーグモデルです。

水面上に見える小さな山を、他人から見える表面的な人柄、水面下に存在する巨大な塊を、その人の文化的なバックグラウンドとしており、他人を表面上のことだけで判断せず、水面下にある大きな文化的要素を想像してコミュニケーションを取るのが良い事を示す言葉となっています。

水面下には巨大な文化的性質、要因が隠れています
サトウ(仮)
なるほど、人がどんな文化的な背景があって、自分に見える言動をしているかを考えると、勉強にもなるし、人付き合いもしやすくなりそうですねー。
パートナー

そうですね。人とのよい距離感を掴む事に課題を感じているかたや、恨んだり妬んだりする事の多い人におすすめの考え方ですね。

とにかく、対象の人の水面じょうに見える事象に対し、水面下の文化的要因を想像する事が、この考え方のポイントです。

パフォーマンスアイスバーグモデル

カルチャーアイスバーグモデルは、その人の育ってきた文化的なものに焦点を当てた考え方ですが、このアイスバーグ理論を、人の仕事などの成果に当てはめて分析する事で、自分の成功方法を考える助けとして応用できます。ここでは「パフォーマンスアイスバーグモデル」と呼ぶことにします。

成功者の成果は、海上から見える「氷山の一角」

成功してる人の大きな氷山を見ると、水面上に見える華やかな成功部分(業績・お金・名声等)が氷山の一角として目に入ります。

成功者の水面上に見える要素と、それを形作る水面下の要素

羨んで真似しようにも、何をすれば良いのか分からない事もあれば、水上から見える、水面下のほんの少しの浅い要因だけ見て、極めて表面的な方法論だけを真似しがちです。
大きな氷山を水上に押し上げるには、やはり水面下にそれよりも遥かに大きな要因が必要になるのです。

つまり、水上から見える浅い方法論だけを真似しても、あなたの氷山は浮かぶどころか、歪な物となってしまい、浮上どころな、かえって沈んでしまう結果にもなりかねません。
パフォーマンスアイスバーグは模倣を視野に入れたモデルなのです。

水面上の要素だけを模倣しても氷山は浮かびませんよね

成功者のパフォーマンスアイスバーグを想像し、自身に活かす事を意識する

水面上に浮かび上がる大きな成果を成すには水面下に大きな積み重ねが必要なのはわかりました。
では、真似したい成功者の水面下の要因を探るにはどうしたら良いのでしょう?
モデルとなる成功者が歴史的な有名人であるのなら、本やネットを駆使し、その人の足取りを追うことで、水面下の要素のかなりの部分を知ることができます。

では、足取りを追うことが出来ない成功者のモデルはどうやって追えば良いのでしょう? もちろん、モデルとなる成功者に会って、実際に水面下の要因を手とり足取り教えてもらえる関係であるのなら話が早いですが、そう簡単な事ばかりではありません。

手とり足取り教えてもらえない場合、やはり情報収集と想像力を働かせるしかありません。想像力を発揮するのは、カルチャーアイスバーグも、パフォーマンスアイスバーグでも共通する大切な要素です。

水面上から見える成果の山と、そこから水面下に視認できる範囲の要因から、水面下のパフォーマンスアイスバーグを想像し、実践するしかありません。
とにかく重要なのは、水面上に立派な氷山を浮かび上がらせたいのなら、水面下の成功要因をしっかり形成する事にあります。

結局運や才能に恵まれた人だとしか見えない……

サトウ(仮)

成功者のパフォーマンスアイスバーグかぁ。

正直、こんな感じにしか見えない人が多いので、あんまり想像する意味無いんじゃないかと思いますねー?
僕も運や才能に恵まれて楽に生きたいな〜。

こんな感じなら人生楽なのに……
パートナー
もちろん、世の中そういった人もゼロでは無いのでしょうが、せっかくアイスバーグモデルを考えるのですから、ご自身の参考にして活かせるモデルづくりを目指しませんか?
サトウ(仮)
まぁ、運や才能だけで片付けて見てしまうのは思考停止でもったいない言えちゃいますよね。
パートナー

そうですね。アイスバーグモデルはとにかく調べる事と想像力を働かせるのが大切です。

そして、実は想像したアイスバーグモデルの水面下の成功要因が実際に当たっているのかどうかは実は大きな問題で無かったりします。

サトウ(仮)
たしかに、答え合わせできない物ですもんね。肝心なのは僕の氷山を水面上に浮かばせるために、水面下の積み重ねの試行錯誤する姿勢って事かな?
パートナー
毎日の地道な努力のサポートなら任せてくださいね!

大きなパフォーマンスアイスバーグを作るお手伝いをします

タスク管理パートナーでは、毎日の努力の積み重ねで、あなたの水面下の巨大な氷の塊を作り、水上にすてきな成功の氷山を作るお手伝いをしています。

大きなパフォーマンスアイスバーグを形成するために、闇雲に努力を重ねるのも一つの手ですが、他者の目を入れることで、より効率的にめざすアイスバーグの形成ができます。

この場合、特に週次レビューが効果的な手段となっており、少し離れた視点から、あなたの目指すアイスバーグに必要な要素を確認する大きな助けにとなります。

サトウ(仮)
自分なりの立派な成功の氷山作りに向けてがんばってみますね!