お仕事や日常のことで、もっとやりたいことがあるのに時間が足りないと思われたことがある方は多いのではないでしょうか。

今回は、ご自身の行動を記録することによって、時間を増やす方法をご紹介します。

行動記録、時間計測

まずおすすめすることが現状の時間の使い方を知ることです。

「自分のスケジュールなんて分かっている」という方も多いと思いますが、実際に書き出したり、時間を計測すると思っていたことと違うということもあります。

パートナー
記録をすることでわかることは結構あります。面倒ですが、1度はされてみることをおすすめします。

Aという仕事は10分必要だと思っていたけれど、計測したら、30分近くかかっていた、逆にBという仕事は1時間以上必要だと思っていたけど取りかかってみると20分で完了したなど。

自分の行動を時間まで計測するというのはなかなか大変ですが、時間の不足を感じている方にはぜひ行ってほしいことです。

理想と現状の比較

行動記録と時間計測をしているときにも違いに気が付かれると思いますが、まずは、自分が思っていた時間の過ごし方と、現状を比較します。

どこが計画通りで、どこがそうではないかをみつけます。

休憩が多いタイプ、時間の見積もりができていなかったタイプ、記録してみると無駄に気が付くタイプなど計画との違いの原因は人それぞれです。

あなたはいかがでしたでしょうか?

パートナー
ちなみに私は記録してみたら、だいたい想像どおりでした。こういう方はこのブログの最後をごらんください。

比較をもとに行動修正する

比較ができたら次は行動の修正を行います。

無駄な時間や、把握できていなかった時間を確認し、できるだけ実際に近い計画を立てます。だいたいの時間が把握できると計画も立てやすく、さらにその計画通りに進みやすくなります。

時間が把握できていないことは、無理なスケジュールを立ててしまうことにもつながります。

修正した計画を実行してみて、うまくいくところとそうではないところを確認し、うまくいかなかったところはさらに修正していきます。

方法はいくつかあります。

  • 繰り返しやってみて改善してみる
  • やり方を変えてやってみる
  • 諦める

いろんなやり方を試してみて、それでもできなかった時はこれはできないと諦めて、今までのやり方でやっていきましょう。

その他、時間を作る方法

さらに修正をしながら、全体的に少しずつご自身が良いなという方法を模索していきましょう。

今のベストが1年後もベストとは言えませんので、ご自身の状況、気持ちなどに応じて随時追加、削除、修正をしていきましょう。

行動や時間の把握は昔から言われていることですが、なかなか実行までするのは難しいことです。

現状で満足している方は問題ないのですが、時間の不足を感じられている方はぜひ、何度でも記録をして何度でも修正されてみてください。

また、行動、時間計測をしても計画通りで問題のなかった方はこんな方法もお試しください。

パートナー
いろんな方法を試して、ぜひあなたのやりたいことができる時間を確保してください。

Youtubeの動画もご覧ください