あれしなきゃ、これもしなきゃとやらなければいけないことに追われている生活は、やるべきことで、頭の中も、時間も行動もいっぱいいっぱいになってしまいます。

タスク管理を行うことでやることが終わったり、整理できると、新しいアイデアや発想がでてきやすくなったり、やりたいことができるようになります。

このブログではなぜタスク管理を行うことで、新しいアイデアが浮かびやすくなったり、やりたいことができるかについてご紹介します。

あなた自身のアイデアや発想は既にあなたの中にありますが、やらないといけないこと、やるべきことの山に埋もれて見つかりにくくなっています。
やるべきことを終わらせて頭の中から消したり、整理することで、あなたの大切なアイデアや発想、意見が簡単に見つけられるようになります。

タスク管理で、考えるスキマを頭に作る

たくさんのやるべきことややりたいことがあると、それだけで頭の中はごちゃごちゃになっていきます。さらに整理整頓されていないと、「今日何をするんだったかな」「締め切りを過ぎてる!」などと毎日が大変なことになっていきます。

これらを整理する方法の一つがタスク管理です。まずは、ごちゃごちゃしている、やるべきことを書きだしていきます。

やるべきことや、やりたいことは、物のように見えないので、書くことで見える状態にすることでより整理整頓がしやすくなります。

それから、不要なタスクを削除したり、必要なタスクを整理することで片付け完了ですね。

サトウさん、その通りです。
タスク管理をすることで、頭の中のやることのお片付けをしていきます。

片付けをするとお家の中に空間ができるように、頭の中にも空間ができます。その空間があなたの大切なアイデアや発想を置いておいたり、育てたりする場所になります。

「なんかいいこと思いついたのに忘れた」「頭の中がいっぱいいっぱいで考えられない」がなくなりますね!

せっかくのアイデアは大切に保管したいですね。

片付けると、考える時間ができる

家の中が片付くと、探し物の時間も手間もなくなります。掃除もしやすくなり、散らかっていることによるストレスやイライラする時間も減ります。

タスク管理をしていると、まさにお片付け後のお家のように、考えるための時間が確保できるようになります。

常に頭がクリアな状態で、そして本当に自分がやるべきことを考える、そういうことがタスクを管理することによって可能になります。

整理整頓することで、時間ができるのは、片付けも頭の中も同じですね。

定期的なメンテナンスは週次レビューで週1回行うのがベストです。
普段忙しくて手が回らないところの片付けを1週間に1回少し時間をかけて行うイメージです。

やりたいことができるようになる

目の前のことに追われて、頭の中がごちゃごちゃしている時は、時間の余裕もなく、なかなか良い考えも浮かびにくいですが、やりたいことにもなかなか取り組みにくく、いつも「後で」と先延ばししてしまいます。

タスク管理を行うと、頭の中が片付き、時間もできるので、やりたいことができるようになります。

ぼくも、やりたかった勉強をようやく開始できました!

あまり好ましくない状況を変えるのに、タスク管理は便利な道具です。

仕事はもちろんプライベートにも、働く人も、勉強する人も、運動する人も、大人も子どもも、いろんな状況で、どんな人でも使えるシンプルな道具なのでぜひあなたのやりたいことのために活用してください。

毎日やるべきことが片付き、やりたいことができるという状況をぜひタスク管理で作ってください。
お一人では難しい場合は、タスク管理パートナーがお手伝いします。