タスク作成/実行する理由をはっきりさせる

最初にタスクを作ったときに、目標にそったタスクを作ったことと思います。

「目標を立てて満足」から抜け出して、実行して達成する方法

期限のあるプロジェクトなどは、プロジェクト完了とともに、タスクも終わりとなりますが、何年にも渡るプロジェクト、日々のルーティーンなどは、気が付けば何となくタスクをこなしているという状況になっていることもあるかもしれません。

それらのタスクが成果や結果に結びつくものであれば良いのですが、実は今はもう不要になっていた、誰か他の人に任せた方がいいタスクであったといったものも存在するかもしれません。
それらのタスクをこなしてチェックしては、仕事をやった気になったり、自分で自分を忙しくしていたりということもあるかもしれません。

週1回の週次レビューでぜひ、「本当にこのタスクは必要か」という視点をたまにはもって整理することでより、あなたのやるべきことに集中できるようになります。

タスクをこなしている=仕事をしている?

ついつい、タスクのチェックの数や量にとらわれて「なぜ」が抜け落ちてしまう方はご一緒に注意しましょう。

また、どのタスクがどの目標達成のために必要なタスクであるかを分かりやすくしておくのも一つの方法です。1日の終わりに、あるいは週次レビューの際に振り返って目標に向かって行動できているかをチェックすることができます。

目標を再確認することで、結果に結びついたお客さまの事例です。

成果の出ることにフォーカスして売上アップ(お客さま事例)

常に自分で確認し続けることは大変なことですので、1週間に1度のレビューの時間を確保したり、タスク管理パートナーのサービスをご利用いただくことも嬉しく思います。