タスク管理が続かない原因の一つは一人で頑張っているから

継続をすることは本当に難しいことです。

タスク管理って何だか良さそうと思って、やる気のある数日はできたとしても気が付いたらもうしていなかったということを繰り返す、あるいは、タスクを作っただけで放置しているかもしれません。

できない人が意思が弱いとか、努力が足りないとか、やる気がないとか、そういうことはないのです。

どちらかというと一人でできてしまう人のほうがごく一部なのです。

一流のスポーツ選手、ビジネスマンは自己管理能力が高いから成功したのか?

自分の力をさらに発揮するために他人の力を借りる

タスク管理をしたいと思ったときに多くの人がどちらかにつまずくのではないでしょうか。

  • 始めることが難しい
  • 継続が難しい

本当は自分はもっとできる能力もやる気もあるのに、あと一歩がなかなか…こういう方は本当に多いのです。

私もそうでした。

私は、物事を始めるときのスタートダッシュはとてもいいのですが、すぐに息切れしてしまうタイプ。
3日坊主とはよく言ったもので、日記を書くと本当に3日で終わってしまいます。

そんな私がなんとかタスク管理を続けていられるのは、他人の力を借りたからです。

一人で継続することが難しいと感じる人はぜひどんな分野でも他人の力を借りるという選択肢も持ってみてください。

いろんなことをするのに継続は大事です。

一人でできると頑張った結果、結局続かないよりも、自分の力を更に発揮するために力を借りる。恥ずかしいことでも何でもないです。

タスク管理パートナーは、そんな多くの人の当たり前の悩みを手助けするサービスです。

タスク管理を続ける最大のコツは「管理をあきらめる」こと

他人の力を借りる方法

もちろん、タスク管理パートナーのサービスも検討してもらえると嬉しいのですが、ここでは、その他の方法も書いておきます。

1、家族に手伝ってもらう

17日目-タスク管理を家族に依頼するとどうなる?-

いろんな課題はあるにしてもそれらをクリアできると家族は、強力な協力者になる存在です。家族であっても対価を払うことは大事です。

2、友人に手伝ってもらう

家族よりも少し距離はあるけれども信頼できる人です。毎日でなくても、週1回、月1回など定期的にチェックしてもらえる環境を築くと励みになるのではないでしょうか。

3、職場の人に手伝ってもらう

仕事関係のタスクだと、職場の方にお願いするのもいいですよね。こちらは、家族や友人よりももう少し距離のある方なので、より緊張感が保ちやすいでしょう。

アロンソンの不貞の法則を活用し、親しくない人と協力することで仕事が進みやすくなる方法

4、勉強会などの仲間とともにやってみる

勉強会などに参加する方は向上心もある方が多いです。持ちかけてみて、皆で実践すると勉強会も盛り上がりそうです。もし、そのような会がなければ作ってみるのも楽しい経験になると思います。

5、SNS上で協力してもらう

TwitterやFacebookで宣言してみるのも効力はあります。

私も以前やっていたことがあります。もっとも手軽にできるのでまずはここから、でもいいでしょう。ブログに書いてみるというのも励みになります。

始めたいけど一歩が踏み出せない、継続ができないという方はお試しください

「言っちゃった」という気持ちは意外に大きなものです。なぜなら人間はなるべくうそつきになりたくないから。

やりやすい方法で一歩を踏み出して、ぜひタスク管理であなたの目標を達成してくださいね。