思ったとおりの人間になる

「思ったとおりの人間になる」などと言うと、とてもスピリチュアルな感じになるのですが、これはある意味その通りだと思うことはあります。

ナポレオン・ヒルさんも『思考は現実化する』で言っていますね。考えていることが現実になると。

もちろん、行動することなく思っているだけなら、何も変わることはなく「思ったのに変わらない」という不満につながります。「思うだけで変わるわけがない」と以前の私も思っていました。不可能な夢が実行もせずに叶わなかったからです。

何もせずに理想の環境や自分にならないからと、不満に思う自分がいました。でも、きちんとやるべきことをやるときにはとても有効だと思っています。

  • 「今日中にできないかもしれない」
  • 「自分には荷が重いのではないか」
  • 「この仕事は自分にはできないような気がする」

などと思いながら仕事をする1日も

  • 「今日中に終わらせるぞ!」
  • 「大変な仕事だからチャレンジしがいがある」
  • 「新しい仕事は楽しみだ」

と思いながら仕事をする1日は、事実だけみてみると仕事は同じだけれども、自分の気持ちだけが違うのです。

否定的にみるのも肯定的にみるのも自分です。

それならば、肯定的に考え「よし、やるぞ!」と気合を入れたほうがパフォーマンスがあがるというものです。

この方法はお金も時間もかかりません。そして、本当にそう思っていなくても最初はいいのです。何かが変ったらラッキーだし、変らなかったら、いつもの日常と変らないだけです。まずは、声に出してみたり、紙に書いたりしてみましょう。

私の場合

自分で努力できることに限りますが、何度か「こうなりたい」と強く思っていたことができたということがあります。

最近の変化は「継続」です。

もともと取り掛かりは早く、すぐに行動できるのですが、継続できないというのが悩みでした。3日坊主とはよく言ったもので、本当に3日で終わることが多かったのです。

そういう自分を変えたいとずっと思っていました。

このタスク管理を始めたのも一つの要因ですが、やりたいと思ったことが1週間、1ヶ月・・・と続いているのです。自分の変化に驚いています。

継続のコツはタスク管理が継続出来ていることです。

個人的に感じた継続できるコツです。

  • 目標を考える
  • 行動できるタスクを作り、続ける
  • 小さなことから始める
  • 1分でもできたらOKとする
  • 完ぺき主義は捨てて、途中でできなくてもまた始める

このやり方で、私は継続できるようになりました。

今までできなかったときのことを考えると

  • 「雑誌やテレビなどで人がいいと言ってるからはじめてみる」など目的がはっきりしない。
  • 行動タスクがないので、むやみに動いてしまって疲れてやめる、もしくはそもそも動けない
  • 大きなことからはじめてしまい、できずにやめてしまう
  • 毎日1時間!など時間的に無理をしてしまう
  • 1日でもできなかったらイヤになって止めてしまう

こんな感じです。

まずは、どんな自分になりたいか、何が自分に不足しているのか、あるいは伸ばしたいのか、考えてみるというのも大切なのかもしれません。

少しでもできると自信につながる

何もやっていないのに自信だけ持つのは困りものですし、難しいことです。

ではどうやって自信をつけるかというと、行動することです。行動したことで「今日もできた」という達成感が生まれ、達成感が自信につながります。

自信がなくてチャレンジできなかったという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。今、思い出してみるとどう思われますか?私はなんてもったいないことをしたんだと思っています。

少しの自信があればやっていたのに、と思っています。今後の人生ではそのような後悔はしたくないと思い、少しだけ「自分もできる」と思うようにしています。チャンスは断ると2度目はやってこない可能性が大きいのです。

ぜひ、少しずつ自信をつけて、あなたのやりたいことにどんどんチャレンジできるよう応援しています。