14日目-完了したタスクを見て達成感を得る-

2015年1月2日
カテゴリ
ふくおかなみこ
7b473fe7095045864ebb736cbaf7f519_m

 達成感を感じることは大事

タスクを作って、実行する毎日の中で、1日に1回は完了したタスクを見直します。

タスクをこなした数だけが大事ではないのですが、それでもその数が多いと単純に達成感があります。

そして必ずその分仕事ははかどっています。

 

私が現在使用しているタスク管理ツール「Todoist」は、完了したタスク一覧を文字だけでなく、棒グラフで見ることができます。

さらに、生産性(タスク完了に応じて生産性が上がったと判断するようです)を「カルマ」と位置づけ、初心者~達人までの段階が設定されています。

カルマが上がると、何となく嬉しい(笑)

 

タスク管理パートナーは始めた直後はばりばりとタスクをこなし、どんどんチェックが付く日がほぼ全員の方にあります。

この達成感は本当に気持ちよくて、タスクを完了した量にも驚きます。

しかし、達成感は大きなことをやった後だけでなく

  • 毎日のタスクがきちんとこなせていること
  • 忘れていることがなく、細かい仕事もきちんと行えること
  • 少しずつでも仕事が前に進んでいること

でも感じることができます。

ちょっと疲れたな、というときに「今日自分はこれだけできたんだ」と認識したいと思ったらぜひ完了したタスクを見てくださいね。