勝間和代さん。このページを見ているような方であれば、ほぼ100%の人が知っていることでしょう。
多方面にわたって活躍されている勝間さんの仕事量は、一見すると、私たちには一生かかっても真似できない膨大な量にさえ見えます。
ここでは、勝間さんが書籍等を通じて、私たち一般人でも同じように多くの物事を実現するために必要な『三毒追放』と『しないことリスト』を作成して、成果につなげる紹介を紹介します。

勝間和代さんの『三毒追放』とは

三毒 – Wikipedia』とは、もともと仏教用語で、「貪・瞋・癡」の3つを三毒として克服するべきものとして指したものです。
これを勝間さんは噛み砕いた捉え方になおし、三毒をこの様に紹介しています。

  • 妬まない
  • 怒らない
  • 愚痴らない

妬み、怒り、愚痴が良くない物であるのは言うまでも無いですが、勝間さんは三毒追放を意識することで『味方が増える』効果を強く紹介されています。

ついついやってしまう、これら三毒は、そのまま妬み、怒り、愚痴として消化してしまうと、毒となるだけですが、そのまま消化せずに、成長のきっかけとする事もできます。

妬まない

何かを羨ましいと妬む感情が出てきたら、それは自分の願望の現れでもある事に気づきましょう。
願望であるのなら、目標に組み込んでみても良いですし、そもそも人それぞれ環境は違うので、妬むばかりでは何も自身の環境は改善されません。

怒らない

この中で特に注意するのは「怒らない」です。

怒らないは我慢する事ではありません。
嫌なことが起こった場合、その対象に対してのそのまま、怒りを表したり、誰かに愚痴って発散させるのではなく、怒りの対象が人であれば、「こんな風にしてほしい」と冷静に提案して改善を量るような行動を取るようします。

愚痴らない

例えば、身近な人に愚痴を言う事は、その人に毒を押し付けてる事とも言えます。

優しい人であれば「愚痴っても良いよ」と応えてくれるかもしれませんが、愚痴を言うことは自己中心的な考えの現れなので、愚痴りたくなった、他の趣味で発散させたり、「妬まない」のように、これを解決するための目標づくりに組み込んで利用しましょう。

「しないことリスト」を作り、まずは「三毒追放」を加える

次の記事では『三毒追放』を元に、ネット上や書籍で見かける「しないことリスト」の作成の仕方を紹介します。

しないことリスト作りは、作る手間、メンテナンスの手間が少ない割に、得るものが大きな『コストパフォーマンスの良い』作業です。三毒追放を元に、自分から追い出したい事や、実はしなくても良かった負担を減らして、快適に目標達成にむけて進んでいきましょう。