ToDoリストや様々な行動管理法を使って、なんとか工夫して自分自身の仕事の能率を上げようと試みるも、なかなかうまくいかない。こういった時によくある悩みに下記のようなものにが挙げられます。

  1. タスクを出が出せない
  2. タスクは出せても整理ができない

タスク管理パートナーではこういったお悩みを持つ方のために、タスク出しや整理のお手伝いをサポートしています。

よくあるタスク管理の悩み1・タスクを出せない

やらきゃいけけない事はたくさんあるのだけど、それをタスク化することができない人は多いです。

  • 抱えているタスクが多い事は分かっているけど、そのことを言語化できない、実行できない。
  • 他人与えられた指示は実行することができるけど、自ら考えてタスクを出すことに苦手意識がある。
  • 「これは重要だから後になっても思い出せるだろう」とその場では考えていても、その事を翌日どころか、数時間、数分も経つとすぐに頭から抜けてしまう。

よくあるタスク管理の悩み2・タスクは出せても整理できない

タスク自体は出せるけど、これを実行できるように整理できない悩みも多くあります。

  • 大量のタスクを作ったのはいいけど、これを実行しなきゃと思うと、気が重くなってしまい手が進まなくなってしまう。
  • GTDの手法に従い、大量のタスクを出したけど週次レビュー等で定期的に整理しなければと思うと気が滅入ってしまう。
  • 思いつくたびにタスクを作るようにしているが、後になって見直すと何のタスクか分からなかったり、すでにあるタスクと重複してしまっていたことが多いので無駄に感じてしまう。

タスク管理パートナーではタスク出しと整理をお手伝いします

タスク監禁におけるこういった悩みは常に発生するものです。
もちろん自分の力だけで知識の吸収と練習により、ある程度は改善することができます。
これを継続して良い状態をキープしていくためには自分以外の人の助けを得ることが有効です。タスク管理パートナーのサービスは、タスクの作成と整理をサポートをしますので、実行につながるタスク作りと整理習慣の実現ができるようになります。